ホーム > アルバム > 8.573071 クレメンティ:交響曲第1番、第2番/序曲 ニ長調(ローマ響/ラ・ヴェッキア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573071
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ムツィオ・クレメンティ Muzio Clementi
編曲者
ピエトロ・スパーダ Pietro Spada
アーティスト
フランチェスコ・ラ・ヴェッキア Francesco La Vecchia , ローマ交響楽団 Rome Symphony Orchestra

クレメンティ:交響曲第1番、第2番/序曲 ニ長調(ローマ響/ラ・ヴェッキア)

CLEMENTI, M.: Symphonies Nos. 1 and 2 / Overture in D Major (Rome Symphony Orchestra, La Vecchia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573071

全トラック選択/解除

ムツィオ・クレメンティ - Muzio Clementi (1752-1832)

**:**
序曲 ニ長調
1.

Overture in D Major

録音: 29-30 December 2011, OSR Studios, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2454703
 
**:**
交響曲第1番 ハ長調 WoO 32 (P. スパーダによる改訂版)

Symphony No. 1 in C Major, WoO 32 (edited by P. Spada)

録音: 29-30 December 2011, OSR Studios, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2588381
**:**
»  I. Larghetto - Allegro vivace
2.

-

**:**
»  II. Andante con moto
3.

-

**:**
»  III. Minuetto: Allegretto - Trio
4.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro vivace - Animato e giocoso
5.

-

 
**:**
交響曲第2番 ニ長調 WoO 33 (P. スパーダによる改訂版)

Symphony No. 2 in D Major, WoO 33 (edited by P. Spada)

録音: 29-30 December 2011, OSR Studios, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2588382
**:**
»  I. Adagio - Allegro
6.

-

**:**
»  II. Larghetto cantabile
7.

-

**:**
»  III. Minuetto: Allegretto
8.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/12/01
「ピアノフォルテの父、演奏家、教師、出版社、ピアノ制作者」として知られるムツィオ・クレメンティ(1752-1832)。しかし彼は晩年に至るまで「交響曲作曲家」として知られたいと考えていたのです。とは言え、モシェレスが「クレメンティのシンフォニーは1820年代以降はヨーロッパの演奏会のレパートリーから消えてしまった」と語るように、クレメンティの交響曲は初期の2曲、Op.18を除いては消滅したとまで言われていました(一説によると、クレメンティ自身が「絶望の発作」で全て破棄したとも)。しかし、1921年にフランスのジョルジュ・ドゥ・サン・フォワがいくつかの未完全なスコアを見つけ出し、これを復元。4曲の交響曲と序曲、メヌエット・パストラールとして形にしたのです。当時はあのカセッラも好んで演奏したというこれらの曲は、同時代のケルビーニの作品を凌駕する溌剌とした音楽であり、忘れたままにしておくのは本当にもったいない名作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。