ホーム > アルバム > 8.573073 ペトラッシ:フルート協奏曲/ピアノ協奏曲/組曲「オルランドのフォリア」(アンチロッティ/カニーノ/ローマ響/ラ・ヴェッキア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573073
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ゴッフレード・ペトラッシ Goffredo Petrassi
アーティスト
マリオ・アンチロッティ Mario Ancillotti , ブルーノ・カニーノ Bruno Canino , フランチェスコ・ラ・ヴェッキア Francesco La Vecchia , ローマ交響楽団 Rome Symphony Orchestra

ペトラッシ:フルート協奏曲/ピアノ協奏曲/組曲「オルランドのフォリア」(アンチロッティ/カニーノ/ローマ響/ラ・ヴェッキア)

PETRASSI, G.: Piano Concerto / Flute Concerto / La follia di Orlando Suite (Canino, Ancillotti, Rome Symphony, La Vecchia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573073

全トラック選択/解除

ゴッフレード・ペトラッシ - Goffredo Petrassi (1904-2003)

**:**
フルート協奏曲
1.

Flute Concerto

録音: 22, 23 June 2012, OSR Studios, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3297328
 
**:**
ピアノ協奏曲

Piano Concerto

録音: 25, 26 March 2012, Auditorium Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3374072
**:**
»  I. Non molto mosso, ma energico
2.

-

**:**
»  II. Arietta con variazioni: Molto adagio e tranquillo
3.

-

**:**
»  III. Rondo: Andantino mosso - Allegro agitato
4.

-

 
**:**
組曲「オルランドのフォリア」

La follia di Orlando Suite

録音: 11, 12 November 2012, Auditorium Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3374073
**:**
»  Introduzione: Allegro sostenuto - Quadro I: Danza di Angelica: Andantino grazioso, con fantasia
5.

-

**:**
»  Quadro II: Angelica e Medoro: Andante sereno
6.

-

**:**
»  Quadro III: Danza di Astolfo: Presto, volante e leggero
7.

-

**:**
»  Quadro I: Danza guerriera: Molto sostenuto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/01/01
イタリアの作曲家、ゴッフレード・ペトラッシ(1904-2003)。カゼッラやマリピエロ、レスピーギなどの「新音楽協会」を結成した世代より少し遅れて生まれた彼は、そのキャリアのはじめの頃は新古典主義や旋法を用いた作品を書いていましたが、時代の流れには逆らい難く、無調や十二音技法にも興味を持ち、結局はこれらをうまく融合した独自の作風を貫くことで自らの作曲語法を確立させた人でもあります。このアルバムにはフルート協奏曲とピアノ協奏曲、そして管弦楽曲の3つのジャンルの曲が収録されていて、彼の作風の変遷を辿ることができます。早い年代のピアノ協奏曲はまさに新古典主義の音楽で、プロコフィエフやヒンデミットを思わせるものですが、フルート協奏曲は明瞭な旋律線を感じさせない茫洋とした音楽。時折聞こえるパーカッションの音色が斬新です。バレ音楽はその中庸を行くもので、このまま映画音楽に仕えそうなほど、湧き立つような音の洪水が楽しめます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。