ホーム > アルバム > 8.573091 ハツィス:デパーチャーズ/オーヴァースクリプト(ガロワ/テッサローニキ州立響/ミラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573091
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
クリストス・ハツィス Christos Hatzis
アーティスト
パトリック・ガロワ Patrick Gallois , テッサローニキ州立交響楽団 Thessaloniki State Symphony Orchestra , アレクサンドル・ミラ Alexandre Myrat

ハツィス:デパーチャーズ/オーヴァースクリプト(ガロワ/テッサローニキ州立響/ミラ)

HATZIS, C.: Flute Concertos - Departures / Overscript (P. Gallois, Thessaloniki State Symphony Orchestra, Myrat)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573091

全トラック選択/解除

クリストス・ハツィス - Christos Hatzis (1953-)

**:**
デパーチャーズ

Departures

録音: 6-15 September 2012, TSSO studios, Thessaloniki
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3419399
**:**
»  I. Blooming Fields
1.

-

**:**
»  II. Serenity
2.

-

**:**
»  III. Progress Blues
3.

-

 
**:**
オーヴァースクリプト

Overscript

録音: 6-15 September 2012, TSSO studios, Thessaloniki
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3480219
**:**
»  I. Left
4.

-

**:**
»  II. Right
5.

-

**:**
»  III. Both (Left and Right)
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/03/01
現代作曲家の中でも「最も重要な一人」として認識されているクリストス・ハツィス(1953-)。トロント大学にある彼のオフィスのドアを2000年に叩いたガロワは、単刀直入に「フルートのために何か作曲したことありますか?」と質問したのだそう。その質問は無視されたかに見えたのですが、1年後に素晴らしい作品が出来上がり、これはガロワとトロント大学の学生たちによって演奏されたと言います。2011年の「デパーチャーズ」は日本での大震災で失われた多くの命と、彼自身の友人たちへの思い出のために書かれた作品。様々な技巧を駆使しながら、日本の伝統音楽の要素も取り入れたユニークな曲です。「オーヴァースクリプト」はバッハの作品を元にしながらも、そのメロディは断片的に扱われ、時には引き伸ばされながら奇妙に形を変えていきます。熱に浮かされた時に見る幻影のような不定形の美しさを備えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。