ホーム > アルバム > 8.573119 シャイデマン:オルガン作品集 7 (ブラウン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573119
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ハインリヒ・シャイデマン Heinrich Scheidemann
アーティスト
ジュリア・ブラウン Julia Brown

シャイデマン:オルガン作品集 7 (ブラウン)

SCHEIDEMANN, H.: Organ Works, Vol. 7 (Brown)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573119

全トラック選択/解除

ハインリヒ・シャイデマン - Heinrich Scheidemann (1595-1663)

**:**
2声のマニフィカトWV 15

Magnificat II Toni, WV 15

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2826453
**:**
»  Verse 1
1.

-

**:**
»  Verse 2
2.

-

**:**
»  Verse 3
3.

-

**:**
»  Verse 4
4.

-

 
**:**
ファンタジア ニ短調 WV 83
5.

Fantasia in D Minor, WV 83

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829489
 
**:**
クーラントと変奏 ニ短調 WV 125
6.

Courant and Variations in D Minor, WV 125

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829490
 
**:**
「審判の日は来れり」 WV 59

Es ist gewisslich an der Zeit, WV 59

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829491
**:**
»  Verse 1
7.

-

**:**
»  Verse 2
8.

-

 
**:**
高き天よりわれは来たれり WV 69

Vom Himmel hoch da komm ich her, WV 69

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829492
**:**
»  Verse 1
9.

-

**:**
»  Verse 2
10.

-

**:**
»  Verse 3 - Verse 4
11.

-

 
**:**
クーラントと変奏 ヘ長調 WV 127
12.

Courant and Variations in F Major, WV 127

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829493
 
**:**
天使はマリアは言った WV 52 (H.L. ハスラーによる)
13.

Dixit Maria ad angelum, WV 52 (after Hassler)

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829494
 
**:**
クーラントと2つの変奏 イ短調 WV 130
14.

Courant and 2 Variations in A Minor, WV 130

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829495
 
**:**
前奏曲 ニ短調 WV 31
15.

Praeambulum in D Minor, WV 31

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829496
 
**:**
Betrubet ist zu dieser Frist WV 104
16.

Betrubet ist zu dieser Frist, WV 104

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829497
 
**:**
深き苦しみの淵より、われ汝に呼ばわる WV 2

Aus tiefer Not schrei ich zu dir, WV 2

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829498
**:**
»  Verse 1
17.

-

**:**
»  Verse 2
18.

-

 
**:**
マスケラ ハ長調 WV 109 (R. ジョンソンによる)
19.

Mascherata in C Major, WV 109 (after R. Johnson)

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829499
 
**:**
前奏曲 ホ短調 WV 37
20.

Praeambulum in E Minor, WV 37

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829500
 
**:**
「太陽の昇る地平から」 WV 1

A solus ortus cardine, WV 1

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829501
**:**
»  Verse 1
21.

-

**:**
»  Verse 2
22.

-

 
**:**
アルマンド ニ短調 「Franzosischer」 WV 114
23.

Allemand in D Minor, WV 114, "Franzosischer"

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829502
 
**:**
クーラントと変奏 ニ短調 WV 122
24.

Courant and Variations in D Minor, WV 122

録音: 11-12 October 2012, First Presbyterian Church, Springfield Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2829503
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/09/01
シャイデマン(1595頃-1663)のオルガン作品集第7集です。北ドイツのオルガン音楽の発展に寄与し、多くの後継者を生み出した偉大な作曲家であり、また長らくハンブルクの聖カタリーナ教会のオルガニストを務めたことで知られています。ここのオルガンは北ドイツでも最も美しい楽器の一つで、1630年にオルガン作者ゴットフリート・フリッチェの手によって拡張され、56のストップと4段の鍵盤を持つ大規模な楽器となり、それに伴い、シャイデマンも楽器の特性を探究すべく、より精緻で規模の大きな作品を書くようになるのです。彼の現存する作品のほとんどはルター派の典礼のために特別に書かれたもので、聖歌隊がいない場合は、モテットの部分も奏することになりますが、彼はそれらを洗練された書法で作曲し、置き換えることに成功したのでした。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。