ホーム > アルバム > 8.573145 リスト:ヴァイオリンとピアノのための作品集 - 二重ソナタ/三人のジプシー/エレジー集/協奏的大二重奏曲(プロニエヴィチ/ヴァレチェク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573145
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フランツ・リスト Franz Liszt
編曲者
イェネ・フバイ Jenö Hubay
アーティスト
ヴォイチェフ・ヴァレチェク Wojciech Waleczek , ヴォイテク・プロニエヴィチ Voytek Proniewicz

リスト:ヴァイオリンとピアノのための作品集 - 二重ソナタ/三人のジプシー/エレジー集/協奏的大二重奏曲(プロニエヴィチ/ヴァレチェク)

LISZT, F.: Violin and Piano Music - Duo Sonata / Die drei Zigeuner / Elegies / Grand duo concertant on Lafont's Le marin (V. Proniewicz, Waleczek)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573145

全トラック選択/解除

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
二重ソナタ S127/R461

Duo Sonata, S127/R461

録音: 3-4 March 2013, The Witold Lutoslawski Concert Studio of Polish Radio, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3639343
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Thema con variazioni
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro con brio
4.

-

 
**:**
レメーニの結婚式のための祝婚曲 S129/R466
5.

Epithalam zu Eduard Remenyi's Vermahlungsfeier, S129/R466

録音: 17 July 2013, The Witold Lutoslawski Concert Studio of Polish Radio, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3639350
 
**:**
三人のジプシー S320/R612
6.

Die drei Zigeuner, S383/R469

録音: 16 July 2013, The Witold Lutoslawski Concert Studio of Polish Radio, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3639351
 
**:**
エレジー(悲歌)第1番 S130/R471c
7.

Elegie No. 1, S130/R471c

録音: 17 July 2013, The Witold Lutoslawski Concert Studio of Polish Radio, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3639352
 
**:**
エレジー(悲歌)第2番 S131/R472
8.

Elegie No. 2, S131/R472

録音: 17 July 2013, The Witold Lutoslawski Concert Studio of Polish Radio, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3639353
 
**:**
即興的ワルツ S213/R36 (J. フバイによるヴァイオリンとピアノ編)
9.

Valse-impromptu, S213/R36 (arr. J. Hubay for violin and piano)

録音: 16 July 2013, The Witold Lutoslawski Concert Studio of Polish Radio, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3639354
 
**:**
協奏的大二重奏曲 S128/R462
10.

Grand duo concertant on Lafont's Le marin, S128/R462

録音: 15 July 2013, The Witold Lutoslawski Concert Studio of Polish Radio, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3639355
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/11/01
"ピアノの魔術師"フランツ・リスト(1811-1886)は、多くのピアノ曲と管弦楽曲を書きましたが、室内楽作品はあまり多くを遺していません。このアルバムはそんな珍しい作品を集めたものです。二重奏のためのソナタは、「ソナタ」と名づけられているものの、通常のソナタ形式とは全く違うもので、4つの楽章全てに、親友であったショパンのマズルカ Op.6-2が素材として用いられています。第1楽章では鎮痛に、第2楽章では、ほとんど原型に近いマズルカが奏されたあと、様々な変奏を施されて登場します。第3楽章では軽やかで優雅な舞曲になり、情熱的に盛り上がっていきます。終楽章では力強く華やかに、もともとはショパンであった旋律が、リスト風の衣装を纏い現れるのです。「祝婚歌」はリストの友人であるハンガリーのヴァイオリニスト、エドゥアルド・レメーニのために書かれた魅力的な音楽です。「三人のジプシー」はヴァイオリンの特性を生かした作品で、即興的ワルツはもともとピアノ作品であったものを、フバイがヴァイオリン用に編曲した曲。「エレジー」もピアノ曲からの編曲です。協奏的大二重奏曲は、ヴァイオリンとピアノ双方に超絶的な技巧を要求する華やかな作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。