ホーム > アルバム > 8.573146 ラター:古風な組曲/グラス:チェンバロ協奏曲/フランセ:チェンバロ協奏曲(ルイス/ウェストサイド室内管/マロン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573146
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
モーリス・オアナ Maurice Ohana , フィリップ・グラス Philip Glass , ジャン・フランセ Jean Françaix , ジョン・ラター John Rutter
アーティスト
ウェストサイド室内管弦楽団 West Side Chamber Orchestra , ジョン・マクムテリー John McMurtery , ケヴィン・マロン Kevin Mallon , クリストファー・D・ルイス Christopher D. Lewis

ラター:古風な組曲/グラス:チェンバロ協奏曲/フランセ:チェンバロ協奏曲(ルイス/ウェストサイド室内管/マロン)

RUTTER, J.: Suite Antique / GLASS, P. / FRANCAIX, J.: Harpsichord Concertos (Lewis, West Side Chamber Orchestra, Mallon)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573146

全トラック選択/解除

ジョン・ラター - John Rutter (1945-)

**:**
古風な組曲

Suite Antique

録音: 10-12 September 2012, American Academy of Arts and Letters, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2895207
**:**
»  I. Prelude
1.

-

**:**
»  II. Ostinato
2.

-

**:**
»  III. Aria
3.

-

**:**
»  IV. Waltz
4.

-

**:**
»  V. Chanson
5.

-

**:**
»  VI. Rondeau
6.

-

フィリップ・グラス - Philip Glass (1937-)

**:**
チェンバロ協奏曲

Harpsichord Concerto

録音: 10-12 September 2012, American Academy of Arts and Letters, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3098620
**:**
»  I. —
7.

-

**:**
»  II. —
8.

-

**:**
»  III. —
9.

-

ジャン・フランセ - Jean Françaix (1912-1997)

**:**
チェンバロ協奏曲

Harpsichord Concerto

録音: 10-12 September 2012, American Academy of Arts and Letters, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3098621
**:**
»  I. Toccata I
10.

-

**:**
»  II. Toccata II
11.

-

**:**
»  III. Andantino
12.

-

**:**
»  IV. Menuet
13.

-

**:**
»  V. Finale
14.

-

モーリス・オアナ - Maurice Ohana (1913-1992)

**:**
ソー・タンゴ
15.

So Tango

録音: 10-12 September 2012, American Academy of Arts and Letters, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3098622
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/08/01
「ハープシコードの音色」というと、バッハを始めとしたバロック時代の音楽を思い起こす人がほとんどでしょう。しかしここに収録された3つの作品はどれも現代に書かれたもの。どれも雅びな音色を活かしつつ、斬新な表現と現代的な味付けを施した何とも楽しい曲集です。ラターは現代イギリス最高の作曲家。彼の生み出す音楽は崇高さと親しみやすさを兼ね備えているので、どれも一度聴いたら忘れられないほどの印象を残すのですが、この「古風な組曲」もその例にもれません。曲はフルートとハープシコードの合奏協奏曲風の体裁をとっていますが、これが全く一筋縄ではいかない曲集。聴きすすむうちに「おおっ」と叫び声をあげること間違いなしの面白さ。グラスの曲はパワフルで、フランセの曲は楽しさに満ちています。某テーマパークで流れていそうな音楽???です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。