ホーム > アルバム > 8.573164 パヌフニク:弦楽四重奏曲第1番 - 第3番/ルトスワフスキ:弦楽四重奏曲(ティペット四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573164
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アンジェイ・パヌフニク Andrzej Panufnik , ヴィトルト・ルトスワフスキ Witold Lutosławski
アーティスト
ティペット四重奏団 Tippett Quartet

パヌフニク:弦楽四重奏曲第1番 - 第3番/ルトスワフスキ:弦楽四重奏曲(ティペット四重奏団)

PANUFNIK, A.: String Quartets Nos. 1-3 / LUTOSŁAWSKI, W.: String Quartet (Tippett Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573164

全トラック選択/解除

アンジェイ・パヌフニク - Andrzej Panufnik (1914-1991)

**:**
弦楽四重奏曲第1番
1.

String Quartet No. 1

録音: 4-5 February 2013, Sidney Sussex College, Cambridge University, Cambridge, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3574013
 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 「メッセージ」
2.

String Quartet No. 2, "Messages"

録音: 4-5 February 2013, Sidney Sussex College, Cambridge University, Cambridge, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7868688
 
**:**
弦楽四重奏曲第3番 「ヴィチナンキ」
3.

String Quartet No. 3, "Wycinanki"

録音: 4-5 February 2013, Sidney Sussex College, Cambridge University, Cambridge, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7868689

ヴィトルト・ルトスワフスキ - Witold Lutosławski (1913-1994)

**:**
Streichquartett

録音: 17 June 2013, Sidney Sussex College, Cambridge University, Cambridge, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7868690
**:**
»  I. Introductory movement
4.

-

**:**
»  II. Main movement
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/07/01
2014年はポーランド出身の作曲家アンジェイ・パヌフニクの生誕100周年にあたります。もちろんポーランドだけでなくワールドワイドに活躍した人であり、ウィーンで学んでいた時代には、日本の音楽家の尾高尚忠と交流があったことでも知られている人です。彼が書いた10曲の交響曲は最近になって耳にする機会が増えていますが、この辛辣な弦楽四重奏曲も彼を知るためには外せないものです。各々の楽器が静かに呼応する印象的な始まりの第1番、北ウェールズ音楽祭のために書かれた第2番、最晩年の作品で、抽象的な美しさを秘めた第3番と、どれも単一楽章ながら、強い印象を残します。もう一人の偉大なるポーランドの作曲家、ルトスワフスキの弦楽四重奏曲は、彼がヨーロッパの最前線の音楽界に身を置いていた時期の作品で、強迫的なモティーフの積み重ねが興味深い音の世界を織り上げていきます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。