ホーム > アルバム > 8.573196 ピツェッティ/マリピエロ/アレグリ/マクミラン/プッチーニ:合唱作品集(ヴァサーリ・シンガーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573196
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 声楽曲
作曲家
グレゴリオ・アレグリ Gregorio Allegri , イルデブランド・ピツェッティ Ildebrando Pizzetti , ジャコモ・プッチーニ Giacomo Puccini , ジェイムズ・マクミラン James MacMillan , ジャン・フランチェスコ・マリピエロ Gian Francesco Malipiero
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
エリザベス・アトキンソン Elizabeth Atkinson , ヴァサーリ・シンガーズ Vasari Singers , スーザン・ウィトン Susan Waton , マシュー・ウッド Matthew Wood , ジョセリン・サマービル Jocelyn Somerville , ジュリア・スミス Julia Smith , ジョン・ソーン Jon Thorne , ウィリアム・ニコルソン William Nicholson , ダニエル・バージェス Daniel Burges , マット・バーンスタイン Matt Bernstein , ジェレミー・バックハウス Jeremy Backhouse , ジュリア・ロドー Julia Ridout , ポール・ロバートソン Paul Robertson , キース・ロング Keith Long

ピツェッティ/マリピエロ/アレグリ/マクミラン/プッチーニ:合唱作品集(ヴァサーリ・シンガーズ)

Choral Concert: Vasari Singers - PIZZETTI, I. / MALIPIERO, G.F. / ALLEGRI, G. / MACMILLAN, J. / PUCCINI, G. (De Profundis, Miserere, Requiem)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573196

全トラック選択/解除

イルデブランド・ピツェッティ - Ildebrando Pizzetti (1880-1968)

**:**
深き淵より
1.

De profundis

録音: 21-23 February 2014, Tonbridge School Chapel, Tonbridge, Kent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3813530

ジャン・フランチェスコ・マリピエロ - Gian Francesco Malipiero (1882-1973)

**:**
深き淵より
2.

De profundis

録音: 21-23 February 2014, Tonbridge School Chapel, Tonbridge, Kent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3813531

グレゴリオ・アレグリ - Gregorio Allegri (1582-1652)

**:**
神よ、われを憐れみたまえ(ミゼレーレ)
3.

Il salmo Miserere mei Deus

録音: 21-23 February 2014, Tonbridge School Chapel, Tonbridge, Kent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3813532

ジェイムズ・マクミラン - James MacMillan (1959-)

**:**
ミゼレーレ
4.

Miserere

録音: 21-23 February 2014, Tonbridge School Chapel, Tonbridge, Kent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3813533

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
レクイエム
5.

Requiem

録音: 21-23 February 2014, Tonbridge School Chapel, Tonbridge, Kent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3813534

イルデブランド・ピツェッティ - Ildebrando Pizzetti (1880-1968)

**:**
レクイエム

Messa di requiem

録音: 21-23 February 2014, Tonbridge School Chapel, Tonbridge, Kent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3813535
**:**
»  Requiem
6.

-

**:**
»  Dies Irae
7.

-

**:**
»  Sanctus
8.

-

**:**
»  Agnus Dei
9.

-

**:**
»  Libera Me
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/10/01
DE PROFUNDISとは聖書の詩篇第130番(129番)の言葉で、日本語では「深き淵より」と訳されています。絶望の底に沈んだ人々が神に向かって、自らの願いを聞き入れてもらおうと願う祈りの言葉は、多くの作曲家にインスピレーションを与え、様々な曲が付けられることになったのです。このアルバムでは2人のイタリアの近代作曲家ピツェッツィとマリピエロの「深き淵より」を収録。無伴奏合唱で清楚に歌われるピツェッツィの作品と、対照的にヴィオラ、オルガン、バス・ドラムとバリトンという編成で歌われるマリピエロの作品の聴き比べは何とも興味深いものです。そして有名なアレグリの「ミゼレーレ」。詩篇第51番の言葉を元に書かれたこの究極のハーモニーは、あのモーツァルトが一度聞いただけで採譜してしまったという門外不出の名作です。そしておよそ350年の時を経て書かれた次の「ミゼレーレ」はイギリスの作曲家、ジェームズ・マクミランの作品で、こちらは神秘的な響きに包まれた現代の「憐れみたまえ」です。続く2つの「レクイエム」はプッチーニとピツェッツィの作品。珍しいプッチーニの「レクイエム」はヴェルディの没後4周年である1905年の記念式典のために書かれたもので、短いながらも成熟した作風を持つ、プッチーニの心からの追悼の音楽です。ピツェッツイのレクイエムは、彼の妻マリアの追悼のために作曲されたもの。グレゴリオ聖歌のメロディをはじめとした様々な旋律を用いた無伴奏合唱で歌われる作品です。サンクトゥスで少しだけ明るさを見せますが、その他は終始静かな悲しみを湛えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。