ホーム > アルバム > 8.573205 グラス:2人のティンパニストと管弦楽のための協奏的幻想曲(編曲:M. ロルツ)/フェイルーズ:交響曲第4番(カンザス大学ウィンド・アンサンブル/ポピエル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573205
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
吹奏楽
作曲家
フィリップ・グラス Philip Glass , モハメド・フェイルーズ Mohammed Fairouz
編曲者
マーク・ロルツ Mark Lortz
アーティスト
カンザス大学ウィンド・アンサンブル University of Kansas Wind Ensemble , チ・へジョン Ji Hye Jung , グウェンドリン・バージェット Gwendolyn Burgett , ポール・ポピエル Paul Popiel

グラス:2人のティンパニストと管弦楽のための協奏的幻想曲(編曲:M. ロルツ)/フェイルーズ:交響曲第4番(カンザス大学ウィンド・アンサンブル/ポピエル)

GLASS, P.: Concerto Fantasy for 2 Timpanists and Orchestra (arr. M. Lortz) / FAIROUZ, M.: Symphony No. 4 (University of Kansas Wind Ensemble, Popiel)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573205

全トラック選択/解除

フィリップ・グラス - Philip Glass (1937-)

**:**
2つのティンパニと管弦楽のための協奏的幻想曲(編曲:M. ロルツ)

Concerto Fantasy for 2 Timpanists and Orchestra (arr. M. Lortz for 2 timpanists and wind ensemble)

録音: 18-21 March 2013, Lied Center of Kansas, Lawrence, Kansas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3205976
**:**
»  I. —
1.

-

**:**
»  II. —
2.

-

**:**
»  Cadenzas
3.

-

**:**
»  III. —
4.

-

モハメド・フェイルーズ - Mohammed Fairouz (1985-)

**:**
交響曲第4番 「消えたタワーの影のなかで」

Symphony No. 4, "In the Shadow of No Towers"

録音: 18-21 March 2013, Lied Center of Kansas, Lawrence, Kansas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3205977
**:**
»  I. The New Normal
5.

-

**:**
»  II. Notes of a Heartbroken Narcissist
6.

-

**:**
»  III. One Nation Under Two Flags
7.

-

**:**
»  IV. Anniversaries
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/10/01
今更説明の必要もない偉大なる作曲家、フィリップ・グラス。彼の作品は「ミニマル」という名のもとに一括りにされがちですが、1980年代以降は単なる"繰り返し"ではなく、もっと多様なアイデアと技法が用いられた複雑なものとなっていることは間違いありません。この「協奏幻想曲」は2000年に作曲され、その4年後に改編されたものです。グラス特有の音で満たされた第1楽章、緻密な第2楽章のあとに、即興的で長大なカデンツァが続きます。そして第3楽章はルンバのリズムにも似た複雑でリズミカルな音楽となります。フェイルーズは若きアラブ系の作曲家。こちらの作品はタイトルが示す通り「9.11事件」を題材にしたもので、もともとは同じタイトルを持つスピーゲルマンのコミックからヒントを得たと言います。辛辣な描写を持ちながらも、人々の悲しみにそっと寄り添う優しさも持ち合わせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。