ホーム > アルバム > 8.573207 B. チャイコフスキー:ピアノ五重奏曲/戦争組曲(ソロヴィエヴァ/アニシモフ/ペチュー=コラン/ヴァンブラ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573207
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ボリス・チャイコフスキー Boris Tchaikovsky
アーティスト
マキシム・アニシモフ Maxim Anisimov , ヴァンブラ四重奏団 Vanbrugh Quartet , オルガ・ソロヴィエヴァ Olga Solovieva

B. チャイコフスキー:ピアノ五重奏曲/戦争組曲(ソロヴィエヴァ/アニシモフ/ペチュー=コラン/ヴァンブラ四重奏団)

TCHAIKOVSKY, B.: Piano Quintet / The War Suite (Solovieva, Anisimov, Petcu-Colan, Vanbrugh Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573207

全トラック選択/解除

ボリス・チャイコフスキー - Boris Tchaikovsky (1925-1996)

**:**
ピアノ五重奏曲

Piano Quintet

録音: 31 October 2013, Mosfilm Ton-Studios, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3634585
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Allegro - Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Adagio
4.

-

 
**:**
戦争組曲

The War Suite

録音: 11 October 2012, Studio 1 of the Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3737186
**:**
»  I. Waltz (Farewell)
5.

-

**:**
»  II. The Night Breakthrough (The High Road)
6.

-

**:**
»  III. The Road
7.

-

**:**
»  IV. Waltz Theme for Solo Clarinet (The Trench)
8.

-

**:**
»  V. Tanks
9.

-

**:**
»  VI. Mournful Waltz (Conclusion)
10.

-

**:**
»  VII. Country House
11.

-

**:**
»  VIII. The Swamp
12.

-

**:**
»  IX. Divarication
13.

-

**:**
»  X. The Battle
14.

-

**:**
»  XI. Finale (Appointment)
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/08/01
延々とピアノのユニゾンが奏され、そこに激しく切り込むヴァイオリンの不協和音。この刺激的な冒頭部分だけで耳を惹きつけられるピアノ五重奏曲。これを作曲したボリス・チャイコフスキー(1925-1996)は「ショスタコーヴィチの次の世代」における最も独創的な作曲家として高く評価されています。1962年に書かれた「ピアノ五重奏曲」は前述の第1楽章に続く、リズミカルで旋律的な第2楽章と、変奏曲形式の第3楽章、そして表情豊かな最終楽章と、整ったフォルムを持つ作品であり、彼の最高傑作とみなされるものでもあります。「戦争組曲」は1964年に製作されたユリ・フェイト監督による映画「前線を守りながら」のための音楽ですが、映画公開後にこのスコアは行方不明になってしまいます。しかしボリス・チャイコフスキー協会が原稿を探索し、サンクトペテルブルクで発見、その後編集され、この形に落ち着きました。戦いに赴く若き将校ルサノフと、彼を待つ恋人カティア。友人とともに危険な任務を終え帰還したルサノフの目の前で流れ弾に当たって命を落とすカティア…最後のシーンで悲嘆に暮れ、家の外に立つルサノフ。こんなストーリーが悲しいワルツを伴いながら展開していきます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。