ホーム > アルバム > 8.573234 ラフマニノフ:交響詩「死の島」/交響曲第1番(デトロイト響/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573234
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
レナード・スラットキン Leonard Slatkin , デトロイト交響楽団 Detroit Symphony Orchestra

ラフマニノフ:交響詩「死の島」/交響曲第1番(デトロイト響/スラットキン)

RACHMANINOV, S.: Isle of the Dead (The) / Symphony No. 1 (Detroit Symphony, Slatkin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573234

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
交響詩「死の島」 Op. 29
1.

Ostrov myortvikh (The Isle of the Dead), Op. 29

録音: 19-21 October 2012, Orchestra Hall, Detroit, Michigan, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3034161
 
**:**
交響曲第1番 ニ短調 Op. 13

Symphony No. 1 in D Minor, Op. 13

録音: 9-11 November 2012, Orchestra Hall, Detroit, Michigan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3034162
**:**
»  I. Grave - Allegro ma non troppo - Moderato - Allegro vivace - L'istesso tempo - Allegro molto
2.

-

**:**
»  II. Allegro animato - Meno mosso - Tempo I
3.

-

**:**
»  III. Larghetto - Più mosso - Largo un poco - Con moto - Tempo I
4.

-

**:**
»  IV. Allegro con fuoco - Marciale - Con animo - Allegro mosso - Allegro con fuoco - Presto - Largo
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/08/01
1897年のペテルブルク。ラフマニノフ(1873-1943)の交響曲第1番が初演された時、会場は騒然となり罵詈雑言が飛び交ったとか。無論、初演を担当したグラズノフの曲に対する無理解が引き金となったものの、キュイを始めとした有識者たちにはこの作品の真価を理解することができず、自信を喪失したラフマニノフはこの楽譜を出版禁止にするだけでなく、気持ちもすっかり落ち込んでしまい、1901年の「ピアノ協奏曲第2番」までは作曲への意欲さえをも失うほどだったのです。実際の交響曲は、彼が生涯に渡って固執していた「怒りの日」のモティーフが効果的に使われ、また見事な対位法が駆使された野心的な作品であり、なぜそこまで酷評されたのかはわかりませんが、まあ、ここで大成功を収めてしまったとしたら、交響曲第2番やピアノ協奏曲第2番が生まれなかったかもしれないことを考えると、時には「若き挫折」というものも必要なのかもしれません。「死の島」は1909年の作品。ベックリンの「死の島」(これを元にしたクリンガーの銅版画)からインスパイアされた曲で、こちらにもたっぷりと「怒りの日」のメロディが引用されています。スラットキンとデトロイト交響楽団は、これらの曲を完璧に聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。