ホーム > アルバム > 8.573241 ブロッホ:交響曲 嬰ハ短調/海の詩(ロンドン響/アトラス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573241
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エルネスト・ブロッホ Ernest Bloch
アーティスト
ダリア・アトラス Dalia Atlas , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ブロッホ:交響曲 嬰ハ短調/海の詩(ロンドン響/アトラス)

BLOCH, E.: Symphony in C-Sharp Minor / Poems of the Sea (London Symphony, Atlas)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573241

全トラック選択/解除

エルネスト・ブロッホ - Ernest Bloch (1880-1959)

**:**
交響曲 嬰ハ短調

Symphony in C-Sharp Minor

録音: 14, 15 November 2011, Studio 1, Abbey Road, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3034372
**:**
»  I. Lento - Allegro agitato ma molto energico
1.

-

**:**
»  II. Andante molto moderato
2.

-

**:**
»  III. Vivace
3.

-

**:**
»  IV. Allegro energico e molto marcato
4.

-

 
**:**
海の詩(管弦楽編)

Poems of the Sea (version for orchestra)

録音: 14, 15 November 2011, Studio 1, Abbey Road, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3034373
**:**
»  I. Waves: Poco agitato
5.

-

**:**
»  II. Chanty: Andante misterioso
6.

-

**:**
»  III. At Sea: Allegro vivo
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/08/01
スイス出身のユダヤ人作曲家ブロッホ(1880-1959)と言えば「バール・シェム」や「ヘブライ組曲」などの民族色の濃い作品ばかりが思い起こされますが、このアルバムの2つの作品は、どちらかというとドイツ後期ロマン派、ブルックナー、マーラー、R.シュトラウスの伝統を汲むものです。それもそのはず、交響曲 嬰ハ短調は彼がドイツに留学していた20歳のころに書かれたもので、天才的な才能の萌芽と、後の深淵な思想が混在する力作であることは間違いありません。あのロマン・ロランが大絶賛したという素晴らしい作品です。もう1曲の「海の詩」はもともとピアノのために書かれた作品で、あのウォルト・ホイットマンの詩に触発されたものです。通常、ピアノのために書かれた版が演奏されますが、この作曲家自身による管弦楽版も、ドビュッシーの「海」と肩を並べる名作と言えるでしょう。刻々と表情を変える波、瞑想と静けさ、七色に光る水面…海からは驚くほど多くの表現が生まれます。イスラエル生まれの女性指揮者アトラスは、ブロッホのスコアを完全に再現し、その隠された魅力を顕わにします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。