ホーム > アルバム > 8.573247 メシアン:ミのための詩/ヴォカリーズ・エチュード/天と地の歌(ブルーン/ヒルディグ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573247
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
オリヴィエ・メシアン Olivier Messiaen
作詞家
オリヴィエ・メシアン Olivier Messiaen
アーティスト
クリストファー・ニーホルム・ヒルディグ Kristoffer Nyholm Hyldig , エトナ・レジツェ・ブルーン Hetna Regitze Bruun

メシアン:ミのための詩/ヴォカリーズ・エチュード/天と地の歌(ブルーン/ヒルディグ)

MESSIAEN, O.: Poèmes pour Mi / Vocalise-Étude / Chants de Terre et de Ciel (Bruun, Hyldig)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573247

全トラック選択/解除

オリヴィエ・メシアン - Olivier Messiaen (1908-1992)

**:**
ミのための詩

Poemes pour Mi

録音: 7-8 and 10-11 June 2013, All Saint's Church, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4214034
**:**
»  Book 1: No. 1. Action de graces
1.

-

**:**
»  Book 1: No. 2. Paysage
2.

-

**:**
»  Book 1: No. 3. La maison
3.

-

**:**
»  Book 1: No. 4. Epouvante
4.

-

**:**
»  Book 2: No. 5. L'epouse
5.

-

**:**
»  Book 2: No. 6. Ta voix
6.

-

**:**
»  Book 2: No. 7. Les deux guerriers
7.

-

**:**
»  Book 2: No. 8. Le collier
8.

-

**:**
»  Book 2: No. 9. Priere exaucee
9.

-

 
**:**
ヴォカリーズ・エチュード
10.

Vocalise-Etude

録音: 7-8 and 10-11 June 2013, All Saint's Church, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4214035
 
**:**
天と地の歌

Chants de Terre et de Ciel

録音: 7-8 and 10-11 June 2013, All Saint's Church, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4214036
**:**
»  No. 1. Bail avec Mi
11.

-

**:**
»  No. 2. Antienne du silence
12.

-

**:**
»  No. 3. Danse du bebe-Pilule
13.

-

**:**
»  No. 4. Arc-en-ciel d'innocence
14.

-

**:**
»  No. 5. Minuit pile et face
15.

-

**:**
»  No. 6. Resurrection
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/08/01
メシアン(1908-1992)の1936年から1938年に書かれた一連の歌曲集(ハラウィを除く)は、彼における作曲家活動の初期の作品にもかかわらず、その音楽が目指すものは顕著であり、彼の特徴とも言える「音と色彩の関係」や、官能性がはっきりと現れています。「ミのための詩」は当時の彼の妻クレール・デルボス(1959年に死去)の愛称であった「ミ」に捧げられた歌曲集であり、夫婦愛の歓びと結婚の秘蹟を歌ったもので、この一音ごとに移り変わる色彩的な響きは、メシアンが愛したステンドグラスの光をそのまま写し取ったものでもあります。「ヴォカリーズ・エチュード」はタイトル通り歌詞を持たない小さな曲。パリ国立高等音楽院の声楽曲の練習曲として書かれたものですが、こんな短い曲の中にも(ドビュッシー風でもある)やはりメシアンらしい音の絵が描かれているのには感嘆するのみです。「天と地の歌」は妻への愛だけでなくわが子への愛、そして「死と復活」までもが高らかに歌われるというもの。「ミのための詩」からたった2年でここまで神秘性が増すとは・・・と驚いてしまいます。ブルーン・ヒルディグ・デュオによる美しい演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。