ホーム > アルバム > 8.573264 グラナドス:管弦楽作品集 2 - ダンテ/死の夜/ゴイェスカス - 間奏曲(バルセロナ響/ゴンザレス)

グラナドス:管弦楽作品集 2 - ダンテ/死の夜/ゴイェスカス - 間奏曲(バルセロナ響/ゴンザレス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573264
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エンリケ・グラナドス Enrique Granados
作詞家
ダンテ・アリギエーリ Dante Alighieri , アペレス・メストレス Apel-les Mestres
アーティスト
ヘスス・アルバレス・カリオン Jesús Álvarez Carrión , ジェンマ・コマ=アラベール Gemma Coma-Alabert , パブロ・ゴンザレス Pablo González , バルセロナ交響楽団&カタルーニャ管弦楽団 Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra , リーダー・カメラ Lieder Càmera

グラナドス:管弦楽作品集 2 - ダンテ/死の夜/ゴイェスカス - 間奏曲(バルセロナ響/ゴンザレス)

GRANADOS, E.: Orchestral Works, Vol. 2 - Dante / La nit del mort / Goyescas: Intermezzo (Barcelona Symphony, González)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573264

全トラック選択/解除

エンリケ・グラナドス - Enrique Granados (1867-1916)

**:**
ゴイェスカス
1.

Goyescas: Intermezzo

録音: 9-12 July 2013, Auditori Hall, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4784439
 
**:**
緑色の目の踊り
2.

Danza de los ojos verdes (Dance of the green eyes)

録音: 9-12 July 2013, Auditori Hall, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4784440
 
**:**
ジプシーの踊り(管弦楽版)
3.

Danza gitana (Gypsy Dance) (version for orchestra)

録音: 16-19 September 2013, Auditori Hall, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4784441
 
**:**
死の夜
4.

La nit del mort (Night of the dead man)

録音: 6-9 May 2014, Auditori Hall, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4784442
 
**:**
ダンテ

Dante

録音: 6-9 May 2014, Auditori Hall, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4784443
**:**
»  I. Dante e Virgilio
5.

-

**:**
»  II. Paolo e Francesca
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/05/01
スペインの作曲家、グラナドス(1867-1916)の管弦楽作品集第2集。彼の没後100年を記念して制作されたこのシリーズ、第1集(8.573263)に続き、今回もいくつかの作品は世界初録音という珍しい作品ばかりを収録、スペイン音楽ファンにとっても嬉しいアルバムとなっています。彼の代表作である歌劇「ゴイェスカス」からの間奏曲は、スペイン音楽の全てを象徴するような名作。通常はピアノ編曲版を聴く機会が多い曲ですが、管弦楽版はより一層鮮やかな色彩を有しています。著名なフラメンコ・ダンサー、アントニア・メルセに捧げられた「緑の瞳の踊り」、別のダンサー、トルトラ・バレンシアに捧げられた「ジプシーの踊り」。この2つもかなり特徴的な作風で書かれた激しいリズムの応酬が聴きものです。また、フランクやドビュッシーの影響が感じられる交響詩「死んだ男の夜」、このアルバム中最も大きな規模を持つ交響詩「ダンテ」は、グラナドスの最も野心的な作品であり、彼の死生観も垣間見える壮大な世界が表出されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。