ホーム > アルバム > 8.573274 ザドール:舞踏交響曲/ハンガリー民謡による変奏曲/祝典序曲(MAVブダペスト響/スモリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573274
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ユージン・ザードル Eugene Zádor
アーティスト
マリウシュ・スモリー Mariusz Smolij , MAVブダペスト交響楽団 Budapest Symphony Orchestra MÁV

ザドール:舞踏交響曲/ハンガリー民謡による変奏曲/祝典序曲(MAVブダペスト響/スモリー)

ZÁDOR, E.: Dance Symphony / Variations on a Hungarian Folksong / Festival Overture (Budapest Symphony Orchestra MÁV, Smolij)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573274

全トラック選択/解除

ユージン・ザードル - Eugene Zádor (1894-1977)

**:**
祝典序曲
1.

Festival Overture

録音: 8-12 September 2014, Studio 6, Hungarian Radio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4405245
 
**:**
ハンガリー民謡による変奏曲

Variations on a Hungarian Folksong

録音: 8-12 September 2014, Studio 6, Hungarian Radio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4405246
**:**
»  Theme
2.

-

**:**
»  Variation 1: Bagatelle
3.

-

**:**
»  Variation 2: Burleske
4.

-

**:**
»  Variation 3: Scherzo
5.

-

**:**
»  Variation 4: Serenade
6.

-

**:**
»  Variation 5: Scherzetto
7.

-

**:**
»  Variation 6: Tempo di Foxtrot
8.

-

**:**
»  Variation 7: Capriccio
9.

-

**:**
»  Variation 8: Alla zingaresca - Quasi Csardas
10.

-

**:**
»  Variation 9: Phantasie
11.

-

**:**
»  Variation 10: Fugato - Stretta
12.

-

 
**:**
舞踏交響曲

Dance Symphony

録音: 8-12 September 2014, Studio 6, Hungarian Radio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4405247
**:**
»  I. Allegro moderato
13.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
14.

-

**:**
»  III. Allegro
15.

-

**:**
»  IV. Andantino - Rondo: Molto vivo
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2015/11/01
ユージン・ザドール(1894-1977 ハンガリー名…ザードル・イェネー)はハンガリーのバータセクに生まれ、幼い頃から音楽の才能を発揮し、16歳の時にR.ホイベルガーと共にウィーンで学び、その後ライプツィヒに移住。そこでレーガーの弟子となります。ミュンスター大学で博士号を獲得、新ウィーン音楽院で教鞭を執ります。しかし彼は世相が不安定だったウィーンを離れ、1939年にはアメリカでラジオ放送の音楽の仕事を始めます。やがて、映画会社MGMからのオファーを受けロサンゼルスに行き、ここで本格的に映画音楽の仕事に従事することになるのです。ここではリヒャルト・シュトラウスばりの素晴らしいオーケストレーションを用いた華麗な作品をいくつも書き上げ、ミクロシュ・ローザと並ぶ映画音楽作曲家として讃えられるのです。ザドールがオーケストレーションの仕事からリタイアして間もなく、ズービン・メータがロサンゼルス・フィルの音楽監督に就任。それを祝すために書かれたのが、このアルバムの冒頭を飾る「祝典序曲」です。華麗な金管の響きと現代的な響きが交錯するクールな序曲となっています。「ハンガリー民謡による変奏曲」は各変奏に工夫が凝らされた楽しい作品です。またメインの「舞踏交響曲」はウィーン時代の作品で、かのクナッパーツブッシュが初演したという壮大でノスタルジックな音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。