ホーム > アルバム > 8.573279 ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第3番、第4番(テンペスト三重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573279
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
イリヤ・カーラー Ilya Kaler , アーロン・ゴールドスタイン Alon Goldstein , アミット・ペレド Amit Peled

ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第3番、第4番(テンペスト三重奏団)

DVOŘÁK, A.: Piano Trios, Vol. 1 (Tempest Trio) - Nos. 3 and 4, "Dumky"

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573279

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
ピアノ三重奏曲第3番 ヘ短調 Op. 65, B. 130

Piano Trio No. 3 in F Minor, Op. 65, B. 130

録音: 26-29 May 2013, Spencerville Seventh-day Adventist Church, Silver Spring, Maryland, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3404516
**:**
»  I. Allegro ma non troppo - Poco più mosso, quasi vivace
1.

-

**:**
»  II. Allegro grazioso - Meno mosso
2.

-

**:**
»  III. Poco adagio
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con brio - Meno mosso - Vivace
4.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲第4番 ホ短調 「ドゥムキー」 Op. 90, B. 166

Piano Trio No. 4 in E Minor, Op. 90, B. 166, "Dumky"

録音: 26-29 May 2013, Spencerville Seventh-day Adventist Church, Silver Spring, Maryland, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3404517
**:**
»  I. Lento maestoso - Allegro vivace, quasi doppio movimento - Tempo I - Allegro molto -
5.

-

**:**
»  II. Poco adagio - Vivace non troppo -
6.

-

**:**
»  III. Andante - Vivace non troppo - Andante - Allegretto
7.

-

**:**
»  IV. Andante moderato (quasi tempo di marcia) - Allegretto scherzando - Meno mosso - Allegro - Moderato
8.

-

**:**
»  V. Allegro
9.

-

**:**
»  VI. Lento maestoso - Vivace, quasi doppio movimento - Lento - Vivace
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/03/01
ドヴォルザーク(1841-1904)の4つのピアノ三重奏曲は、どれも完成度が高く充実した書法を持っています。第3番は1883年の2月から3月にかけて作曲されたもので、彼の母の死後、悲しみに捉われたまま、その行き場のない感情が迸るかのような激しさを持ち、第1楽章での迸るようなエネルギーはそのまま第2楽章へ引き継がれ、心休まる時がありません。しかし第3楽章のアダージョでは一転、こらえきれなかった涙が溢れてくるような美しく落ち着いた世界へと変わります。この対比の鮮やかさはドヴォルザークならではのものでしょう。終楽章はどことなく民謡風の忙しない音楽に戻りますが、第4番は「ドゥムキ」という副題をもつもので、この言葉の語源はウクライナの民謡形式の名前、もしくはチェコ語の「回想」であるとの説があり、これは定かではありません。作曲されたのは1890年から1891年、彼がアメリカへと旅立つ時期の作品です。各楽章は統一された動機はなく、気まぐれな雰囲気を持ちますが、これがまた聴いていて楽しく、次から次へと現れる元気のよい音楽は、聞き手を力付けるかのようです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。