ホーム > アルバム > 8.573282 バツェヴィチウス:管弦楽作品集 1 - ピアノ協奏曲第3番, 第4番/組曲「春」(アレクナ/リトアニア国立響/リンドン=ジー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573282
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ヴィータウタス・バツェヴィチウス Vytautas Bacevičius
アーティスト
ガブリエリウス・アレクナ Gabrielius Alekna , リトアニア国立交響楽団 Lithuanian National Symphony Orchestra , クリストファー・リンドン=ジー Christopher Lyndon-Gee

バツェヴィチウス:管弦楽作品集 1 - ピアノ協奏曲第3番, 第4番/組曲「春」(アレクナ/リトアニア国立響/リンドン=ジー)

BACEVIČIUS, V.: Orchestral Works, Vol. 1 - Piano Concertos Nos. 3 and 4 / Spring Suite (Alekna, Lithuanian National Symphony, Lyndon-Gee)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573282

全トラック選択/解除

ヴィータウタス・バツェヴィチウス - Vytautas Bacevičius (1905-1970)

**:**
ピアノ協奏曲第3番 Op. 44

Piano Concerto No. 3, Op. 44

録音: 24-28 June 2013, Lithuanian National Philharmonic Hall, Vilnius, Lithuania
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4089043
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio misterioso
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

 
**:**
組曲「春」 Op. 64

Spring Suite, Op. 64

録音: 24-28 June 2013, Lithuanian National Philharmonic Hall, Vilnius, Lithuania
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4089044
**:**
»  I. Andantino
4.

-

**:**
»  II. Lento
5.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso
6.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第4番 「協奏交響曲」 Op. 67

Piano Concerto No. 4, Op. 67, "Symphonie Concertante"

録音: 24-28 June 2013, Lithuanian National Philharmonic Hall, Vilnius, Lithuania
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4089045
**:**
»  I. Allegro misterioso
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Allegro agitato
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/03/01
リトアニア人の父とポーランド人の母を持つ作曲家バツェヴィチウス(1905-1970)。彼よりも、5歳年下の妹であるヴァチェヴィチの方が知名度も人気も高いのですが、兄の作品もなかなか聴き応えのある素晴らしいものです。もともとはピアニストとして名声を博し、数多くの演奏会に出演していた彼、1939年に南アメリカで演奏旅行を行っている時に、第二次世界大戦が勃発し、その翌年、祖国リトアニアがソビエト連邦に併合されたため、そのままアメリカに留まることとなってしまいました。このアルバムに収録された3つの作品も、定住先のアメリカで書かれたものです。第3番の協奏曲は、彼自身、祖国に対して明るい見通しを持っていたようで、曲の雰囲気もヨーロッパ風ですが、それ以降は瞑想的であり、彼が信じていた「宇宙=肉体から解放された人間の心の無限の想像力」を表現するもので、神秘的な風情を持っています。"鋼鉄のタッチと春の柔らかい呼吸を持つ"とされたバツェヴィチウスのピアニズムも感じられる見事な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。