ホーム > アルバム > 8.573306 プホール/ブラーボ/アングロ/サントルソラ:ギター作品集(バラノフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573306
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
エドゥアルド・アングロ Eduardo Angulo , グイド・サントルソラ Guido Santórsola , マキシモ・ディエゴ・プホール Maximo Diego Pujol , ハビエル・エドゥアルド・ブラーボ Javier Eduardo Bravo
アーティスト
アントン・バラノフ Anton Baranov

プホール/ブラーボ/アングロ/サントルソラ:ギター作品集(バラノフ)

Guitar Recital: Baranov, Anton - PUJOL, M.D. / BRAVO, J.E. / ANGULO, E. / SANTÓRSOLA, G.

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573306

全トラック選択/解除

マキシモ・ディエゴ・プホール - Maximo Diego Pujol (1957-)

**:**
ギター・ソナチネ

Guitar Sonatine

録音: 17-20 October 2013, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477254
**:**
»  I. Allegro ritmico
1.

-

**:**
»  II. Andante e molto legato
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

ハビエル・エドゥアルド・ブラーボ - Javier Eduardo Bravo (1972-)

**:**
ブエノスアイレスのソナタ

Sonata Portena

録音: 17-20 October 2013, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477255
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Andantino
5.

-

**:**
»  III. Presto agitato
6.

-

エドゥアルド・アングロ - Eduardo Angulo (1954-)

**:**
ギター・ソナタ第2番
7.

Guitar Sonata No. 2

録音: 17-20 October 2013, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477256

グイド・サントルソラ - Guido Santórsola (1904-1994)

**:**
ギター・ソナタ第4番 「イタリアーナ」

Guitar Sonata No. 4, "Italiana"

録音: 17-20 October 2013, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477257
**:**
»  I. Allegro energico
8.

-

**:**
»  II. Reverie
9.

-

**:**
»  III. Alla Tarantella
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/04/01
2013年GFA(Guitar Foundation of America=アメリカ・ギター財団)国際ギターコンクールの優勝者である、1984年ロシア生まれのギタリスト、アントン・バラノフ。彼は同時期にフランシスコ・タルレガ国際コンクールでも優勝するなど、その才能を嘱望されている人で、現在はサンクトペテルブルク音楽院で後進の指導にもあたっています。そんな彼のリサイタル・アルバムは中南米の4人の作曲家の作品集で、それぞれ世代の異なる作曲家たちの曲を見事に弾きわけています。アルゼンチン生まれのプホールのソナチネは、ギタリスト、ホルヘ・ラバンカに捧げられた作品。リズミカルな第1楽章と表情豊かな第2楽章、そしてエキサイティングな終楽章が魅力的。もう少し後の世代に属するブラーボのソナタはタンゴとクラシックが融合されたもの。アングロのソナタは短いながらも印象的な音楽。そしてサントルソラのソナタは、現代的なメロディと超絶技巧を駆使した華やかなパッセージ、そして美し過ぎる第2楽章が印象的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。