ホーム > アルバム > 8.573317 アレンスキー:室内楽作品集 - ピアノ五重奏曲/弦楽四重奏曲第2番/ピアノ三重奏曲第1番(スペクトラム・コンサーツ・ベルリン)

アレンスキー:室内楽作品集 - ピアノ五重奏曲/弦楽四重奏曲第2番/ピアノ三重奏曲第1番(スペクトラム・コンサーツ・ベルリン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573317
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アントン・ステパノヴィチ・アレンスキー Anton Stepanovich Arensky
アーティスト
スペクトラム・コンサーツ・ベルリン Spectrum Concerts Berlin

アレンスキー:室内楽作品集 - ピアノ五重奏曲/弦楽四重奏曲第2番/ピアノ三重奏曲第1番(スペクトラム・コンサーツ・ベルリン)

ARENSKY, A.: Chamber Music - Piano Quintet / String Quartet No. 2 / Piano Trio No. 1 (Spectrum Concerts Berlin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573317

全トラック選択/解除

アントン・ステパノヴィチ・アレンスキー - Anton Stepanovich Arensky (1861-1906)

**:**
ピアノ五重奏曲 ニ長調 Op. 51

Piano Quintet in D Major, Op. 51

録音: 25 April 2014, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4277062
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Variations: Andante - Tempo di valse - Allegro molto - Tempo I
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro vivace
3.

-

**:**
»  IV. Finale (Fuga): Allegro moderato
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 イ短調 Op. 35

String Quartet No. 2 in A Minor, Op. 35

録音: 25 April 2014, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4277063
**:**
»  I. Moderato
5.

-

**:**
»  II. Theme: Moderato (and Variations)
6.

-

**:**
»  III. Finale: Andante sostenuto - Allegro moderato
7.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op. 32

Piano Trio No. 1 in D Minor, Op. 32

録音: 25 April 2014, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4277064
**:**
»  I. Allegro moderato
8.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro molto
9.

-

**:**
»  III. Elegia: Adagio
10.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro non troppo
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/09/01
幼い頃から作曲に勤しみ、ペテルブルク音楽院で対位法とフーガを学んだというアレンスキー(1861-1906)。彼の作品からは間違いなく恩師リムスキー=コルサコフと偉大なるチャイコフスキーの影響が感じられます。しかしこれらの室内楽曲からは、ロシア音楽の伝統よりも、ドイツの先人たち…メンデルスゾーンやブラームスの香りが感じられるのではないでしょうか。実は、その折衷的な作風が、恩師からは「すぐに忘れられるだろう」と言われてしまったしまったというアレンスキーですが、文豪トルストイは「シンプルでメロディアスな作品を書く彼は、現代の作曲家たちの中でもベストである」と大絶賛。やはり単なる「個性のない音楽を書く人」ではなかったようです。そんな彼の3つの室内楽を聴いてみてください。ブラームスやチャイコフスキーの雰囲気の中に、紛れもない個性が匂い立つ…そんな素晴らしい音楽を楽しむことができるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。