ホーム > アルバム > 8.573326 パロモ:シンフォニア・コルドバ/フルゴレス(ガルシア・ロペス/バルデラマ/リバ/アギーレ/カスティーリャ・イ・レオン響/ロペス=コボス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573326
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ロレンソ・パロモ Lorenzo Palomo
作詞家
伝承 Traditional
アーティスト
ラファエル・アギーレ Rafael Aguirre , カスティーリャ・イ・レオン交響楽団 Castilla y León Symphony Orchestra , パブロ・ガルシア・ロペス Pablo García López , アナ・マリア・バルデラマ Ana María Valderrama , ハビエル・リバ Javier Riba , ヘスス・ロペス=コボス Jesús López-Cobos

パロモ:シンフォニア・コルドバ/フルゴレス(ガルシア・ロペス/バルデラマ/リバ/アギーレ/カスティーリャ・イ・レオン響/ロペス=コボス)

PALOMO, L.: Sinfonía Córdoba / Fulgores (García López, Valderrama, Riba, Aguirre, Castilla y León Symphony, López-Cobos)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573326

全トラック選択/解除

ロレンソ・パロモ - Lorenzo Palomo (1938-)

**:**
シンフォニア・コルドバ

Sinfonía Córdoba

録音: 14-19 May 2016, Auditorium Miguel Delibes, Valladolid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6279735
**:**
»  I. Paseo a la Mezquita (Stroll to the mosque-cathedral)
1.

-

**:**
»  II. Nocturno en la ribera (Nocturne at the Riverside)
2.

-

**:**
»  III. Los patios en el mes de mayo (The Patios in the month of May)
3.

-

 
**:**
フルゴレス
4.

Fulgores

録音: 14-19 May 2016, Auditorium Miguel Delibes, Valladolid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6279736
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/12/01
現代のスペインで最も高名な作曲家の一人、ロレンソ・パロモ。彼はホアキン・トゥリーナの後継者としてスペインの民族要素を取り入れた管弦楽曲やギター曲を数多く作曲、その作品は多くの人から愛されています。この「シンフォニア・コルドバ」はスペイン、アンダルシア州の長い歴史を持つ都市コルドバの風景が映し出された作品。2015年にコルドバ大劇場で初演された歌を伴う抒情的な曲です。第1楽章ではコルドバの大聖堂に向かう道行が描かれており、ギターの伴奏を伴う美しい歌も聴こえてきます。第2楽章では街を流れるグアダルキビール川の周辺の風景、第3楽章では5月に開催される「春を祝う祭り」でにぎわう街の風景が描かれています。「フルゴレス」は名指揮者ファエル・フリューベック・デ・ブルゴスのために書かれた曲。2011年にブルゴスが初演を担っています。ギターとヴァイオリンが激しい応酬を繰り返す中、オーケストラが控え目に割って入り、すぐに豊かな対話が始まり、最後は祝祭的な雰囲気で終わる楽しい曲です。スペインを代表する名手、ロペス=コボスの情熱的な演奏が曲を盛り立てています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。