ホーム > アルバム > 8.573341 シベリウス:劇付随音楽「白鳥姫」/劇付随音楽「とかげ」/孤独なシュプール/メロドラマ「伯爵夫人の肖像」(エークルンド/トゥルク・フィル/セーゲルスタム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573341
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジャン・シベリウス Jean Sibelius
作詞家
ベルテル・グリペンベリ Bertel Gripenberg , ツァハリアス・トペリウス Zacharias Topelius
アーティスト
リホ・エークルンド Riho Eklundh , レイフ・セーゲルスタム Leif Segerstam , トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団 Turku Philharmonic Orchestra

シベリウス:劇付随音楽「白鳥姫」/劇付随音楽「とかげ」/孤独なシュプール/メロドラマ「伯爵夫人の肖像」(エークルンド/トゥルク・フィル/セーゲルスタム)

SIBELIUS, J.: Swanwhite / The Lizard / A Lonely Ski Trail / The Countess's Portrait (Eklundh, Turku Philharmonic, Segerstam)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573341

全トラック選択/解除

ジャン・シベリウス - Jean Sibelius (1865-1957)

**:**
劇付随音楽「白鳥姫」 JS 189

Svanevit (Swanwhite), JS 189

録音: 5 February 2014, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4266881
**:**
»  Act I: Largo: En hornsignal i fjarran
1.

-

**:**
»  Act I: Comodo: Tyst duvan, min prins kommer
2.

-

**:**
»  Act I: Adagio: En svan flyger forbi
3.

-

**:**
»  Act II: Lento assai: Nar modern har stally harpan pa bordet
4.

-

**:**
»  Act II: Adagio: Da drager en vit svan forbi
5.

-

**:**
»  Act II: Lento - Comodo - Lento - Allegro: Svanevitsmoder: Och vi rakas pa gronskande ang
6.

-

**:**
»  Act II: Andantino: Harpan tystnar ett ogonblick och tar sa upp en ny melodi
7.

-

**:**
»  Act II: Andante: Prinsen ensam
8.

-

**:**
»  Act II: Lento: Styvmodern: Har min konst svikit mig, eller hur
9.

-

**:**
»  Act II: Moderato: Nar prinsen lagger sig i sangen
10.

-

**:**
»  Act III: Allegretto: Nar konungen gar
11.

-

**:**
»  Act III: Largamente: Prinsen (Konungen): Eld pa borgen
12.

-

**:**
»  Act III: Adagio: Svanevit: Ma de komma fort ty de maste komma
13.

-

**:**
»  Act III: Largamente molto: Svanevit - Prinsessan: Jag tror, jag vill, jag ber
14.

-

 
**:**
劇付随音楽「とかげ」 Op. 8 (弦楽オーケストラ版)

Odlan (The Lizard), Op. 8 (version for string orchestra)

録音: 10 September 2014, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4291039
**:**
»  Scene 1: Adagio
15.

-

**:**
»  Scene 2: Grave
16.

-

 
**:**
孤独なシュプール JS 77b
17.

Ett ensamt skidspar (The Lonely Ski Trail), JS 77b

録音: 6 February 2014, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4291040
 
**:**
メロドラマ「伯爵夫人の肖像」 JS 88 (ナレーション付き)
18.

Grevinnans konterfej (The Countess's Portrait), JS 88 (version with narration)

録音: 24 January 2014, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4291041
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/09/01
シベリウス(1865-1957)の劇音楽の中でも比較的地味な存在である「白鳥姫」が生まれたきっかけは、1905年にメーテルランクの戯曲「ペレアスとメリザンド」のヘルシンキ初演でした。これはシベリウスが曲を付けたものでしたが、劇で主役のメリザンドを演じたハリエット・ボッセの夫、ストリンドベリがこの音楽に大感激したことで、自作の劇「白鳥姫」にも音楽を付けてほしいとシベリウスに懇願。しかしストックホルムで初演が叶わず、結局はスウェーデンの劇場が介入し、改めてシベリウスに作曲を依頼し、1908年にようやく初演が行われたというものでした。ストリンドベリはこのお話に様々なおとぎ話の要素を取り入れたため、中心となるのは白鳥姫と魔女である継母の確執であり、王子とのロマンスというある意味普遍的な(よくあるとも言う)作品になってしまったのは、仕方ないことなのでしょう。シベリウスはこの劇に普段の作風とはちょっと違う、グリーグ風の音楽を付けています。通常は組曲版が演奏されますが、やはり全曲を聴くことでシベリウスの本意が伝わるはずです。他には、あくまでも劇音楽として完結しているためコンサートでは演奏されることのあまりない「とかげ」と、2つの朗読劇が収録されています。あまり知られていないシベリウスをご堪能ください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。