ホーム > アルバム > 8.573379 グバイドゥーリナ:ギター作品全集(タネンバウム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573379
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ソフィア・グバイドゥーリナ Sofia Gubaidulina
アーティスト
ピーター・ウィリック Peter Wyrick , トーマ・ヴィロトー Thomas Viloteau , デイヴィッド・タネンバウム David Tanenbaum , マーク・テイコルツ Marc Teicholz , スコット・ピンゲル Scott Pingel , パウル・プサラス Paul Psarras , マーク・ライト Mark Wright , ジョディ・レヴィッツ Jodi Levitz

グバイドゥーリナ:ギター作品全集(タネンバウム)

GUBAIDULINA, S.: Guitar Works (Complete) (D. Tanenbaum)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573379

全トラック選択/解除

ソフィア・グバイドゥーリナ - Sofia Gubaidulina (1931-)

**:**
悔い改め
1.

Repentance

録音: 22 February 2010, Sol Joseph Recital Hall, San Francisco Conservatory of Music, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4037193
 
**:**
セレナード
2.

Serenade

録音: 14 October 2014, Osher Salon, San Francisco Conservatory of Music, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4037194
 
**:**
トッカータ
3.

Toccata

録音: 14 October 2014, Osher Salon, San Francisco Conservatory of Music, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4037195
 
**:**
ソット・ヴォーチェ
4.

Sotto Voce

録音: 3 October 2014, Osher Salon, San Francisco Conservatory of Music, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4037196
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2015/05/01
自身の作品に「フィボナッチ数列」を用いたり、ロシアの民族楽器や日本の琴など珍しい楽器を用いるなど、その特異性が注目されるタタール自治共和国出身の女性作曲家ソフィア・グバイドゥーリナ(1931-)。このアルバムには彼女による「ギター」全作品が収録されています。と言っても、たった4曲で、その中で独奏作品は2曲のみ。まさにギターの音色を用いた「彼女独自」の世界がどこまでも展開されていきます。最初のトラックの「悔い改め」は3台のギターと、チェロとコントラバスの2台の低弦楽器が醸し出す、絶妙な音世界が魅力です。ここでのギターはまるでハープのように使われたり、また打楽器のように使われたりと、聴き手は既成概念がどんどん崩されていく快感にむせぶことになります。初期の作品「セレナード」は却って異質な世界(普通すぎる?)で、流動的なトッカータも面白いものです。「ソット・ヴォーチェ」も低弦楽器が用いられ、まるでため息のような響きを作り出しています。これは面白いです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。