ホーム > アルバム > 8.573442 カステルヌオーヴォ=テデスコ/カルッリ/モンテス/ガルシア:ギター・デュオ作品集(アマデウス・ギター・デュオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573442
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
エイトール・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos , マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ Mario Castelnuovo-Tedesco , ジェラルド・ガルシア Gerald Garcia , フェルディナンド・カルッリ Ferdinando Carulli , ジャイメ・ミルテンバウム・ゼナモン Jaime M. Zenamon , フランシスコ・タレガ Francisco Tárrega , アルフォンソ・モンテス Alfonso Montes , ホアキン・ロドリーゴ Joaquín Rodrigo
編曲者
フリオ・サグレーラス Julio Sagreras , 不詳 Anonymous
アーティスト
アマデウス・ギター・デュオ Amadeus Guitar Duo

カステルヌオーヴォ=テデスコ/カルッリ/モンテス/ガルシア:ギター・デュオ作品集(アマデウス・ギター・デュオ)

Guitar Duo Recital: Amadeus Guitar Duo - CASTELNUOVO-TEDESCO, M. / CARULLI, F. / MONTES, A. / GARCIA, G. (Images from the South)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573442

全トラック選択/解除

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ - Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)

**:**
ソナティナ・カノニカ Op. 196

Sonatina canonica, Op. 196

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512166
**:**
»  I. Mosso, grazioso e leggero
1.

-

**:**
»  II. Tempo di Siciliane
2.

-

**:**
»  III. Fandango en Rondeau
3.

-

 
**:**
エレジー風フーガ

Fuga elegiaca, Op. 211

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512167
**:**
»  Preludio: Agitato e tremante
4.

-

**:**
»  Fuga: Moderato e mesto
5.

-

フェルディナンド・カルッリ - Ferdinando Carulli (1770-1841)

**:**
セレナード イ長調 Op. 96, No. 1

Serenade in A Major, Op. 96, No. 1

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512168
**:**
»  I. Largo maestoso
6.

-

**:**
»  II. Allegro moderato
7.

-

**:**
»  III. Larghetto sostenuto
8.

-

**:**
»  IV. Finale: Poco allegretto
9.

-

アルフォンソ・モンテス - Alfonso Montes (1955-)

**:**
スラマ

Surama

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512169
**:**
»  I. Danza
10.

-

**:**
»  II. Cha Cha
11.

-

**:**
»  III. Raudo
12.

-

**:**
»  IV. Canto
13.

-

**:**
»  V. Surena
14.

-

ジェラルド・ガルシア - Gerald Garcia (1949-)

**:**
ロルカ幻想曲
15.

Lorca Fantasy

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512170

エイトール・ヴィラ=ロボス - Heitor Villa-Lobos (1887-1959)

**:**
ブラジル風バッハ第4番 - 第1曲 前奏曲(2つのギター編)
16.

Bachianas Brasileiras No. 4: I. Prelude (arr. for 2 guitars)

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512171

ホアキン・ロドリーゴ - Joaquín Rodrigo (1901-1999)

**:**
マドリガーレ協奏曲(抜粋)

Concierto Madrigal (version for 2 guitars) (excerpts)

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512172
**:**
»  I. Fanfare
17.

-

**:**
»  VII. Fandango
18.

-

**:**
»  VIII. Arietta
19.

-

**:**
カサブランカ 「A Story, A Place and A Kiss」 Op. 77
20.

Casablanca, Op. 77, "A Story, A Place and A Kiss"

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512173

フランシスコ・タレガ - Francisco Tárrega (1852-1909)

**:**
アルハンブラの思い出(J. サグレーラスによる2つのギター編)
21.

Recuerdos de la Alhambra (arr. J. Sagreras for 2 guitars)

録音: 16-19 March 2007, Musikhochschule Weimar, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4512174
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/12/01
このアルバム、タイトルの「Images from the South-南からの印象」の南とは一体どこの辺りなのでしょうか。「南」と言っても南ヨーロッパ?それとも南アメリカ?南極ではないだろうな…と思いながら聴いてみると、そこにはなんとも色鮮やかで蒸し暑い世界が広がっていました。イタリア、フィレンツェで生まれカリフォルニアに移住したカステルヌオーヴォ・テデスコの古典的な面持ちを持つソナティナとフーガ、イタリアからパリに移ったカルッリの麗しいセレナード、アマデウス・ギター・デュオのために書かれたベネズエラの作曲家モンテスのスラマ、香港で生まれイギリスで活躍する東洋系ギタリスト、ジェラルド・ガルシアの詩人ロルカへの賛美、おなじみヴィラ=ロボスのピアノのための曲を2台ギターに編曲した前奏曲、ロドリーゴの「マドリガル協奏曲」からの3つの楽章、ボリビア生まれのセナモンによる映画「カサブランカ」にインスパイアされたノスタルジックな曲、そして誰もが知っている「アルハンブラの思い出」の2台ギター版。この多彩な作品を演奏するのは、こちらもおなじみアマデウス・ギター・デュオ。結成25周年を迎え、一層そのアンサンブルも緊密になっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。