ホーム > アルバム > 8.573449-50 ベルリオーズ:劇的交響曲「ロメオとジュリエット」(ルベーグ/ベーア/カトン/スピリート/フランス国立リヨン管/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573449-50
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
作詞家
エミール・デシャン Émile Deschamps
アーティスト
フレデリック・カトン Frédéric Caton , コーラス&ソロイスツ・ド・リヨン=ベルナール・テトゥ Chœurs et solistes de Lyon-Bernard Tétu , スピリート Spirito , レナード・スラットキン Leonard Slatkin , フランス国立リヨン管弦楽団 Lyon National Orchestra , ジュリアン・ベーア Julien Behr , マリオン・ルベーグ Marion Lebègue

ベルリオーズ:劇的交響曲「ロメオとジュリエット」(ルベーグ/ベーア/カトン/スピリート/フランス国立リヨン管/スラットキン)

BERLIOZ, H.: Roméo et Juliette (Lebègue, Behr, Caton, Spirito, Lyon National Orchestra, Slatkin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573449-50

全トラック選択/解除

Disc 1

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 Op. 17

Roméo et Juliette, Op. 17

録音: 7-8 February 2014, Auditorium de Lyon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7057681
**:**
»  Part I: Introduction: Combats - Tumulte - Intervention du Prince
1.

-

**:**
»  Part I: Prologue: Choral recitative: D'anciennes haines endormies (Mezzo-soprano, Tenor, Chorus)
2.

-

**:**
»  Part I: Prologue: Strophes: Premiers transports que nul n'oublie (Mezzo-soprano, Chorus)
3.

-

**:**
»  Part I: Prologue: Recitative: Bientôt de Roméo la pâle rêverie (Tenor, Chorus)
4.

-

**:**
»  Part I: Prologue: Scherzetto: Mab la messagère fluette et légère (Tenor, Chorus)
5.

-

**:**
»  Part II: Roméo seul - Tristesse - Bruit lointain de bal et de concert - Grande Fête chez Capulet
6.

-

**:**
»  Part II: Fête
7.

-

**:**
»  Part II: Scène d'amour: Nuit sereine - Le Jardin de Capulet, silencieux et désert - Les jeunes Capulets, sortant de la fête, passent en chantant des réminiscences de la musique du bal (Chorus)
8.

-

**:**
»  Part II: Scène d'amour
9.

-

**:**
»  Part II: La Reine Mab, ou la Fée des Songes: Scherzo
10.

-

Disc 2

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 Op. 17

Roméo et Juliette, Op. 17

録音: 7-8 February 2014, Auditorium de Lyon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7057681
**:**
»  Part III: Convoi funèbre de Juliette: Marche fuguée: Jetez des fleurs pour la vierge expirée! (Chorus)
1.

-

**:**
»  Part III: Roméo au tombeau des Capulets: Allegro agitato e disperato, con moto
2.

-

**:**
»  Part III: Roméo au tombeau des Capulets: Invocation - Réveil de Juliette - Joie délirante, désespoir, dernières angoisses et mort de deux amants
3.

-

**:**
»  Part III: Finale: La foule accourt au Cimetière - Rixe des Capulets et des Montagus: Quoi! Roméo de retour! (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part III: Finale: Recitative: Je vais dévoiler le mystère (Le Père Laurence, Chorus)
5.

-

**:**
»  Part III: Finale: Aria: Pauvres enfants que je pleure (Le Père Laurence)
6.

-

**:**
»  Part III: Finale: Mais notre sang rougit leur glaive (Le Père Laurence, Chorus)
7.

-

**:**
»  Part III: Finale: Serment: Jurez donc par l'auguste symbole (Le Père Laurence, Chorus)
8.

-

 
**:**
歌劇「ベアトリスとベネディクト」
9.

Béatrice et Bénédict: Overture

録音: 2-3 September 2014, Auditorium de Lyon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7062885
 
**:**
序曲「リア王」 Op. 4
10.

Le Roi Lear, grande ouverture, Op. 4

録音: 2-3 September 2014, Auditorium de Lyon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7062886
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
シェイクスピアの戯曲を元に、ベルリオーズが自由に翻案した「ロメオとジュリエット」。ベルリオーズ自身が「劇的交響曲」と名付けているものの、時にはオペラを思わせる部分があるなど、かなり自由な形式で書かれています。第3部に現れる旋律はワーグナーが「今世紀における最も美しいフレーズ」と評しましたが、一方で「その素晴らしい旋律の間に屑の山が積まれている」と散々にけなすなど、形式と同じく、様々な要素が混在しています。しかし、全体に通じる崇高な思想や、実験的な管弦楽法など当時の最先端を行く作風は、ベルリオーズならでは。あまりにも長大であるため、全曲が演奏されることは稀ですが、ここでのスラットキンの演奏は統一感ある見事な仕上がりを見せています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。