ホーム > アルバム > 8.573471 メシアン:オルガン作品集 - キリストの昇天/二枚折絵/前奏曲/聖餐式(ウィンペニー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573471
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
オリヴィエ・メシアン Olivier Messiaen
アーティスト
トム・ウィンペニー Tom Winpenny

メシアン:オルガン作品集 - キリストの昇天/二枚折絵/前奏曲/聖餐式(ウィンペニー)

MESSIAEN, O.: Organ Works - L'Ascension / Diptyque / Offrande au Saint-Sacrement / Prélude / Le Banquet Céleste (Winpenny)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573471

全トラック選択/解除

オリヴィエ・メシアン - Olivier Messiaen (1908-1992)

**:**
キリストの昇天

L'Ascension (version for organ)

録音: 17-18 February 2015, St Giles' Cathedral, Edinburgh, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4568102
**:**
»  I. Majeste du Christ demandant sa gloire a son Pere
1.

-

**:**
»  II. Alleluias sereins d'une ame qui desire le ciel
2.

-

**:**
»  III. Transports de joie d'une ame devant la gloire du Christ qui est la sienne
3.

-

**:**
»  IV. Priere du Christ montant vers son Pere
4.

-

 
**:**
二枚折絵 - 地上の生と至福の永遠性に関する至論
5.

Diptyque, essai sur la vie terrestre et l'eternite bienheureuse

録音: 17-18 February 2015, St Giles' Cathedral, Edinburgh, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4568103
 
**:**
聖体秘蹟への奉納
6.

Offrande au Saint-Sacrement

録音: 17-18 February 2015, St Giles' Cathedral, Edinburgh, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4568104
 
**:**
オルガンのための前奏曲
7.

Prelude for Organ

録音: 17-18 February 2015, St Giles' Cathedral, Edinburgh, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4568105
 
**:**
聖餐式
8.

Le Banquet Celeste

録音: 17-18 February 2015, St Giles' Cathedral, Edinburgh, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4568106
 
**:**
永遠の教会の出現
9.

Apparition de l'Eglise Eternelle

録音: 17-18 February 2015, St Giles' Cathedral, Edinburgh, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4568107
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/02/01
オルガニスト、トム・ウィンペニーによるメシアン(1908-1992)の作品集です。2015年に発売された同じくメシアンの「主の降誕(8.573332)」の演奏も密度の濃いものでしたが、今作では一層の輝きを増したオルガンの響きを堪能することができることでしょう。「キリストの昇天」はもともと1932年に管弦楽のために書かれた作品で、1935年の初演時とアメリカでの演奏会では華々しい成功を収めたとされています。初演に先立ってオルガン版も作られましたが、その際、第3楽章が差し替えられてこの形に落ち着きました。元々は華やかなトランペットのファンファーレが特徴的な楽章でしたが(若干メシアンらしくない)、こちらのオルガン版はもっと流動的で、雪崩落ちるようなパッセージが目立つものです。また彼の死後、1997年に発見された2つの作品「前奏曲」と「聖体秘蹟への奉納」はマルセル・デュプレとトゥルヌミールからの影響を見ることができます。20世紀最高のオルガン音楽をぜひ体感してください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。