ホーム > アルバム > 8.573490 セダカ/エマーソン/エリントン:ピアノと管弦楽のための作品集(マンハッタン・インテルメッツォ)(ビーゲル/ブラウン大学管/フィリップス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573490
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
キース・エマーソン Keith Emerson , デューク・エリントン Duke Ellington , ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin , ニール・セダカ Neil Sedaka
編曲者
ファーディ・グローフェ Ferde Grofé , モーリス・ペレス Maurice Peress , リー・ホールドリッジ Lee Holdridge , ジョン・マイヤー John Mayer
アーティスト
ジェフリー・ビーゲル Jeffrey Biegel , ポール・フィリップス Paul Phillips , ブラウン大学管弦楽団 Brown University Orchestra

セダカ/エマーソン/エリントン:ピアノと管弦楽のための作品集(マンハッタン・インテルメッツォ)(ビーゲル/ブラウン大学管/フィリップス)

Piano and Orchestral Works - SEDAKA, N. / EMERSON, K. / ELLINGTON, D. (Manhattan Intermezzo) (Biegel, Brown University Orchestra, P. Phillips)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573490

全トラック選択/解除

ニール・セダカ - Neil Sedaka (1939-)

**:**
マンハッタン・インテルメッツォ(L. ホールドリッジによるピアノと管弦楽編)
1.

Manhattan Intermezzo (arr. L. Holdridge for piano and orchestra)

録音: 18 October 2014, Sayles Hall, Brown University, Providence, Rhode Island, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4510585

キース・エマーソン - Keith Emerson (1944-2016)

**:**
ピアノ協奏曲第1番(J. メイヤーによるピアノと管弦楽編)

Piano Concerto No. 1 (arr. J. Mayer for piano and orchestra)

録音: 18-19 October 2014, Sayles Hall, Brown University, Providence, Rhode Island, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4510586
**:**
»  I. Allegro giojoso
2.

-

**:**
»  II. Andante molto cantabile
3.

-

**:**
»  III. Toccata con fuoco
4.

-

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
ニュー・ワールド・ア・カミン(M. ペレスによるピアノと管弦楽編)
5.

New World a-Comin' (arr. M. Peress for piano and orchestra)

録音: 20 November 2014, Sayles Hall, Brown University, Providence, Rhode Island, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4510587

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
ラプソディ・イン・ブルー(F. グローフェにとるピアノと管弦楽編)
6.

Rhapsody in Blue (arr. F. Grofe for piano and orchestra)

録音: 12 October 2014, Sayles Hall, Brown University, Providence, Rhode Island, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4510588
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/12/01
NAXOSから、時折リリースされる一連のクロスオーヴァー(?)アルバムは「この手のもの」が好きな人から大絶賛されています。たとえばオルソップの一連のアルバムや、伝説のベーシスト、マグヌス・ローゼンをフィーチャーしたアルバム(8.572650)とか。さて、このアルバムの4つの作品もなかなか個性的なものです。シンガーソングライターとしてお馴染みニール・セダカ(10代の頃はクラシックを学んでいた)の麗しい「マンハッタン・インテルメッツォ」。イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」のメンバー、キース・エマーソンの熱狂的な「ピアノ協奏曲」、デューク・エリントンの名作「ニュー・ワールド・ア・カミン」(カデンツァが聴き所)、そしてお馴染みガーシュウインの「ラプソディ・イン・ブルー」。どれもジャンルを越えた華やかな音楽として楽しめます。今回ピアノを演奏しているのは、驚くほど幅広いレパートリーを持つことで知られるジェフリー・ビーゲル。これらの作品に全く新しい命を吹き込んでいるところはさすがです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。