ホーム > アルバム > 8.573508 イッポリトフ=イヴァノフ:交響曲第1番/トルコの断章/トルコ行進曲(シンガポール響/ヘイ・チョー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573508
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ミハイル・ミハイロヴィチ・イッポリトフ=イヴァノフ Mikhail Mikhaylovich Ippolitov-Ivanov
アーティスト
シンガポール交響楽団 Singapore Symphony Orchestra , ヘイ・チョー Hoey Choo

イッポリトフ=イヴァノフ:交響曲第1番/トルコの断章/トルコ行進曲(シンガポール響/ヘイ・チョー)

IPPOLITOV-IVANOV, M.M.: Symphony No. 1 / Turkish Fragments / Turkish March (Singapore Symphony, Choo Hoey)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573508

全トラック選択/解除

ミハイル・ミハイロヴィチ・イッポリトフ=イヴァノフ - Mikhail Mikhaylovich Ippolitov-Ivanov (1859-1935)

**:**
交響曲第1番 ホ短調 Op. 46

Symphony No. 1 in E Minor, Op. 46

録音: 21 January 1984, Victoria Memorial Hall, Singapore
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4208283
**:**
»  I. Adagio - Allegro risoluto
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro
2.

-

**:**
»  III. Elegia: Larghetto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro moderato
4.

-

 
**:**
トルコの断章 Op. 62

Turkish Fragments, Op. 62

録音: 21 January 1984, Victoria Memorial Hall, Singapore
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4208284
**:**
»  I. Caravan
5.

-

**:**
»  II. At Rest
6.

-

**:**
»  III. Night
7.

-

**:**
»  IV. Festival
8.

-

 
**:**
トルコ行進曲 Op. 55
9.

Turkish March, Op. 55

録音: 21 January 1984, Victoria Memorial Hall, Singapore
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4208285
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/06/01
イッポリトフ=イヴァノフの名前を聞くと、ほとんどの人があの野趣溢れる「酋長の行進」を思い起こすことでしょう。あちらは「コーカサスの風景」の第4曲で、サルダール(オスマン帝国の最高司令官)が行進している様子を描いたもので、一度聴いたら、あのエキゾチックなメロディが頭から離れなくなるという代物です。このアルバムには、彼の交響曲第1番と、特徴的な「トルコ風の」音楽の両方が収録されています。ある種のチャイコフスキー的な雰囲気を持つ「交響曲第1番」を聞いてわかる通り、リムスキー=コルサコフに師事した彼の作品は、もともと重厚でロシア的な響きから出発しているのですが、人生の後半期に研究したトルコの民俗音楽に強い関心を持つことで、あの「酋長の行進」や、このアルバムに収録された「トルコの断章」や「トルコ行進曲」のよう独特の音楽が生まれたのでしょう。ここら辺は文句なく楽しめる作品であることは間違いありません。これでまた、クラシック音楽好きの「ヘヴィーローテーション曲」が増えるのではないでしょうか。
レビュアー: さすらい人 投稿日:2015/07/08
これは懐かしい。マルコ・ポーロレベルで出ていた録音の復刻盤ですね。学生時代に御茶ノ水の中古CD屋を漁っていた頃を思い出します。交響曲第一番はようやく楽章単位でトラックを区切ってくれたので聴きやすくなりました。二楽章の破綻しかかった弦楽器群。三楽章の意外にそそられるファゴット(この奏者は日本人だと言う噂がありました)。何ともあか抜けない田舎っぽさ丸出しのフィナーレ。でも、このほのぼの感が好きでした。今聴いても癒されます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。