ホーム > アルバム > 8.573512 スタンフォード:合唱作品集(バッハ合唱団/ボーンマス響/ヒル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573512
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード Charles Villiers Stanford
作詞家
インノケンティウス3世 Pope Innocents III , キャサリン・ウィンクワース Catherine Winkworth , フリードリヒ・ゴットリープ・クレプストック Friedrich Gottlieb Klopstock , ヤコポーネ・ダ・トーデ Jacopone da Todi , ウォルト・ホイットマン Walt Whitman
アーティスト
エリザベス・クラッグ Elizabeth Cragg , デイヴィッド・ソアー David Soar , バッハ合唱団 Bach Choir, The , デイヴィッド・ヒル David Hill , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , キャスリーン・ホッパー Catherine Hopper , ロバート・マレイ Robert Murray

スタンフォード:合唱作品集(バッハ合唱団/ボーンマス響/ヒル)

STANFORD, C.V.: Choral Music - Stabat Mater / Song to the Soul / The Resurrection (The Bach Choir, Bournemouth Symphony, D. Hill)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573512

全トラック選択/解除

チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード - Charles Villiers Stanford (1852-1924)

**:**
スターバト・マーテル Op. 96

Stabat mater, Op. 96

録音: 21-22 November 2015, Lighthouse, Poole's Centre for the Arts, Dorset, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4976678
**:**
»  Prelude
1.

-

**:**
»  Stabat Mater dolorosa (Solo Quartet, Chorus)
2.

-

**:**
»  Intermezzo
3.

-

**:**
»  Eja Mater (Solo Quartet, Chorus)
4.

-

**:**
»  Finale: Virgo virginum praeclara (Solo Quartet, Chorus)
5.

-

 
**:**
魂の歌 Op. 97b
6.

Song to the Soul, Op. 97b

録音: 21-22 November 2015, Lighthouse, Poole's Centre for the Arts, Dorset, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4976679
 
**:**
復活 Op. 5
7.

The Resurrection, Op. 5

録音: 21-22 November 2015, Lighthouse, Poole's Centre for the Arts, Dorset, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4976680
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/07/01
アイルランド、ダブリンに生まれ、幼い頃から優れた音楽教育を受けたスタンフォード(1852-1924)。父の「法律の専門家になってほしい」という希望に沿うことはなく、音楽の道を志し、トリニティ・カレッジのオルガニストに任命されます。その後、ライプツィヒに移りカール・ライネッケから作曲の指導を受け、彼が心魅かれていた合唱音楽を数多く書き始めます。その一つが、クロプシュトックによる「Die Auferstehung=復活」の短いカンタータで、ライネッケもその仕上がりに大層満足し「イギリスでの初演」を勧め、1875年に英語版での初演が行われました。マーラーが同じ詩に出会うのは1894年、ハンス・フォン・ビューローの葬儀の時であり、この作品は「復活交響曲」を完全に先取りしたものとして評価されることでしょう。1906年に完成された「スターバト・マーテル」は大規模な管弦楽と合唱、ソリストを要する作品で、劇的な描写はまるでオペラを思わせるほど。世紀末の退廃的な雰囲気を漂わせながらも、荘厳で颯爽とした佇まいが印象的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。