ホーム > アルバム > 8.573530 ヴォーン・ウィリアムズ:揚げひばり/ソレント/6つの短い小品/幻想曲(パイク/クローケ/ニューヨーク室内管/ディ・ヴィットリオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573530
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams
アーティスト
シナ・クローケ Sina Kloke , サルヴァトーレ・ディ・ヴィットリオ Salvatore Di Vittorio , ニューヨーク室内管弦楽団 Chamber Orchestra of New York , ジェニファー・パイク Jennifer Pike

ヴォーン・ウィリアムズ:揚げひばり/ソレント/6つの短い小品/幻想曲(パイク/クローケ/ニューヨーク室内管/ディ・ヴィットリオ)

VAUGHAN WILLIAMS, R.: Lark Ascending (The) / The Solent / 6 Short Pieces / Fantasia (Pike, Kloke, Chamber Orchestra of New York, Di Vittorio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573530

全トラック選択/解除

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
ソレント
1.

The Solent

録音: 16-17 May and 20 October 2015, Adelphi Performing Arts Centre, Concert Hall, Garden City, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5027135
 
**:**
幻想曲
2.

Fantasia

録音: 16-17 May and 20 October 2015, Adelphi Performing Arts Centre, Concert Hall, Garden City, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5027337
 
**:**
6つの短い小品

6 Short Pieces

録音: 16-17 May and 20 October 2015, Adelphi Performing Arts Centre, Concert Hall, Garden City, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5027338
**:**
»  No. 1. Prelude
3.

-

**:**
»  No. 2. Slow dance
4.

-

**:**
»  No. 3. Quick dance
5.

-

**:**
»  No. 4. Slow air
6.

-

**:**
»  No. 5. Rondo
7.

-

**:**
»  No. 6. Pezzo ostinato
8.

-

 
**:**
ロマンス 「揚げひばり」
9.

The Lark Ascending

録音: 16-17 May and 20 October 2015, Adelphi Performing Arts Centre, Concert Hall, Garden City, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5027339
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/09/01
イギリス近代音楽の礎を築いた大作曲家、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)。生涯に渡りホルストと親交を結び、またシベリウスを尊敬し、自身の第5交響曲を献呈したという彼の作品の多くは、田園風景を思わせる穏やかで優しい響きの中に、憂鬱さと神秘的な雰囲気を備えています。彼が最初に自作の歌曲「Linden Lea」を出版したのは1902年、30歳になってからであり、それ以前の初期の作品の多くは破棄するか、もしくは出版せずにしまいこんでしまっていました。しかしその中には、彼のその後を決定づける重要な作品も多数見受けられます。この「ソレント海峡」はもともと「4つのオーケストラのための印象」の第2曲として構想された作品で、スコアには詩人P.B.マークストンのことば「深い海の声にある情熱と悲哀、全ての風を悲しませる強力な謎」が添えられた10分程度の起伏に富んだ曲。これは同じ頃に構想された「海の交響曲」にも似た風景を備えています。他には教育目的に書かれたと推測される「ピアノのための組曲」と、やはり初期に書かれ、その後に改編された「幻想曲」、そして彼の作品の中でも、最も有名なロマンス「揚げひばり」が収録されています。イギリス音楽入門にもふさわしい1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。