ホーム > アルバム > 8.573534-35 プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(ボルティモア響/オルソップ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573534-35
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev
アーティスト
マリン・オルソップ Marin Alsop , ボルティモア交響楽団 Baltimore Symphony Orchestra

プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(ボルティモア響/オルソップ)

PROKOFIEV, S.: Romeo and Juliet [Ballet] (Baltimore Symphony, Alsop)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573534-35

全トラック選択/解除

Disc 1

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 Op. 64

Romeo and Juliet, Op. 64

録音: 11-18 October 2015, Joseph Meyerhoff Symphony Hall, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6197855
**:**
»  Act I: Introduction
1.

-

**:**
»  Act I: Romeo
2.

-

**:**
»  Act I: The Street Wakens
3.

-

**:**
»  Act I: Morning Dance
4.

-

**:**
»  Act I: The Quarrel
5.

-

**:**
»  Act I: The Fight
6.

-

**:**
»  Act I: The Duke's Command
7.

-

**:**
»  Act I: Interlude
8.

-

**:**
»  Act I: At the Capulets' (Preparations for the Ball)
9.

-

**:**
»  Act I: The Young Juliet
10.

-

**:**
»  Act I: Arrival of the Guests
11.

-

**:**
»  Act I: Masks
12.

-

**:**
»  Act I: Dance of the Knights (Montagues and Capulets)
13.

-

**:**
»  Act I: Juliet's Variation
14.

-

**:**
»  Act I: Mercutio
15.

-

**:**
»  Act I: Madrigal
16.

-

**:**
»  Act I: Tybalt Recognizes Romeo
17.

-

**:**
»  Act I: Gavotte
18.

-

**:**
»  Act I: Balcony Scene
19.

-

**:**
»  Act I: Romeo's Variation
20.

-

**:**
»  Act I: Love Dance
21.

-

**:**
»  Act II: Folk Dance
22.

-

**:**
»  Act II: Romeo and Mercutio
23.

-

**:**
»  Act II: Dance of the Five Couples
24.

-

**:**
»  Act II: Dance with Mandolins
25.

-

**:**
»  Act II: Nurse
26.

-

**:**
»  Act II: The Nurse and Romeo
27.

-

Disc 2

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 Op. 64

Romeo and Juliet, Op. 64

録音: 11-18 October 2015, Joseph Meyerhoff Symphony Hall, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6197855
**:**
»  Act II: Romeo at Friar Laurence's
1.

-

**:**
»  Act II: Juliet at Friar Laurence's
2.

-

**:**
»  Act II: Public Merrymaking
3.

-

**:**
»  Act II: Further Public Festivities
4.

-

**:**
»  Act II: Meeting of Tybalt and Mercutio
5.

-

**:**
»  Act II: The Duel
6.

-

**:**
»  Act II: Death of Mercutio
7.

-

**:**
»  Act II: Romero Decides to Avenge Mercutio
8.

-

**:**
»  Act II: Finale
9.

-

**:**
»  Act III: Introduction
10.

-

**:**
»  Act III: Romeo and Juliet (Juliet's Bedroom)
11.

-

**:**
»  Act III: Romeo Bids Juliet Farewell
12.

-

**:**
»  Act III: Nurse
13.

-

**:**
»  Act III: Juliet Refuses to Marry Paris
14.

-

**:**
»  Act III: Juliet Alone
15.

-

**:**
»  Act III: Interlude
16.

-

**:**
»  Act III: At Friar Laurence's Cell
17.

-

**:**
»  Act III: Interlude
18.

-

**:**
»  Act III: Juliet's Room
19.

-

**:**
»  Act III: Juliet Alone
20.

-

**:**
»  Act III: Aubade (Morning Serenade)
21.

-

**:**
»  Act III: Dance of the Girls with Lilies
22.

-

**:**
»  Act III: At Juliet's Bedside
23.

-

**:**
»  Act IV: Juliet's Funeral
24.

-

**:**
»  Act IV: Juliet's Death
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
シェイクスピアの最も有名な戯曲「ロメオとジュリエット」。この物語にインスパイアされた音楽は数多くありますが、中でも最も高い人気を誇るのがプロコフィエフのバレエ音楽でしょう。シェイクスピア学者、演出家ラドロフ、ギリシャ劇の権威ピオトロフスキー、振付師ラブロフスキーらの協力を得て最初に完成させた台本は、当時の慣習「死者は踊ることができない」に基づいて「ジュリエットが死ぬ前にロメオが到着、ハッピーエンド」を迎えるというものでした。しかし、それでは物語の本質を伝えることができないと考えたプロコフィエフは再度人々と相談の上、結末を悲劇に変更。現在の形になりました。演奏会組曲の形で上演されることも多いのですが、全曲を通して聴くとプロコフィエフの意図がしっかり伝わります。指揮は、ウィーン放送交響楽団の次期首席指揮者就任が決定したマリン・オルソップ。プロコフィエフの交響曲全集を補完する2枚組です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。