ホーム > アルバム > 8.573544 ソレール:ピアノ・ソナタ第57番 - 第62番(チョリチ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573544
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アントニオ・ソレール Antonio Soler
アーティスト
ムラデン・チョリチ Mladen Čolić

ソレール:ピアノ・ソナタ第57番 - 第62番(チョリチ)

SOLER, A.: Keyboard Sonatas Nos. 57-62 (Čolić)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573544

全トラック選択/解除

アントニオ・ソレール - Antonio Soler (1729-1783)

**:**
ソナタ第57番 ト短調
1.

Keyboard Sonata No. 57 in G Minor

録音: 15-17 February 2014, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4499170
 
**:**
ソナタ第58番 ト長調
2.

Keyboard Sonata No. 58 in G Major

録音: 15-17 February 2014, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4499171
 
**:**
ソナタ第59番 ヘ長調
3.

Keyboard Sonata No. 59 in F Major

録音: 15-17 February 2014, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4499172
 
**:**
ソナタ第60番 ハ長調

Keyboard Sonata No. 60 in C Major

録音: 15-17 February 2014, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4499173
**:**
»  I. Andantino
4.

-

**:**
»  II. Allegro vivo
5.

-

 
**:**
ソナタ第61番 ハ長調

Keyboard Sonata No. 61 in C Major

録音: 15-17 February 2014, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4499174
**:**
»  I. Allegro
6.

-

**:**
»  II. Allegretto
7.

-

**:**
»  III. Minue di rivolti: Tempo suo
8.

-

**:**
»  IV. Allegro
9.

-

 
**:**
ソナタ第62番 変ロ長調

Keyboard Sonata No. 62 in B-Flat Major

録音: 15-17 February 2014, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4499175
**:**
»  I. Andantino con moto
10.

-

**:**
»  II. Allegretto espresivo
11.

-

**:**
»  III. Minue di rivolti: Tempo suo
12.

-

**:**
»  IV. Allegro spiritoso
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/12/01
カタルーニャのウロトに生まれたアントニオ・ソレール(1729-1783)は、6歳でオルガンと作曲の勉強をはじめ、モンセラート修道院の聖歌隊員に加わります。わずか15歳でセオ・デ・ウルゲル大聖堂のオルガニストと副助祭に任命されるほどの才能を持ち、その後は23歳で叙階を受け聖職者となり、亡くなるまでの31年間はずっと禁欲的な生活を送った人です。彼の生活は確かに常人から見ると単調なものだったかも知れませんが、彼の書いたソナタを聴くと、本当はものすごく実り豊かな暮らしをしていたのではないかと思わせるだけの強い魅力があるものです。彼はドメニコ・スカルラッティに師事したと言われていて、どのソナタも端正な書法で書かれていますが、60番以降になるとかなり自由な形式も使われていて、例えば61番では特有のリズムが使われるなど、面白いものとなっています。アルバムごとに異なるピアニストで演奏されているこのソレールのシリーズですが、ここでピアノを演奏しているのは2007年にバルセロナで開催された第53回マリア・カナルス国際音楽コンクールで1位を獲得したムラデン・コーリック。1982年セルビア生まれの彼は、4歳から天才として賞賛され、数多くのコンクール入賞歴を持っています。すっきりとした表現が魅力的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。