ホーム > アルバム > 8.573564 ソレール:ソナタ第63番 - 第66番(フリステンコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573564
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アントニオ・ソレール Antonio Soler
アーティスト
スタニスラフ・フリステンコ Stanislav Khristenko

ソレール:ソナタ第63番 - 第66番(フリステンコ)

SOLER, A.: Keyboard Sonatas Nos. 63-66 (Khristenko)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573564

全トラック選択/解除

アントニオ・ソレール - Antonio Soler (1729-1783)

**:**
ソナタ第63番 ヘ長調

Keyboard Sonata No. 63 in F Major

録音: 20-21 April 2015, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5036673
**:**
»  I. Cantabile
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Intento
3.

-

 
**:**
ソナタ第64番 ト長調

Keyboard Sonata No. 64 in G Major

録音: 20-21 April 2015, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5278973
**:**
»  I. Pastorale: Allegretto
4.

-

**:**
»  II. Allegretto grazioso
5.

-

**:**
»  III. Intento a 4
6.

-

 
**:**
ソナタ第65番 イ短調

Keyboard Sonata No. 65 in A Minor

録音: 20-21 April 2015, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5278974
**:**
»  I. Andante cantabile
7.

-

**:**
»  II. Allegro assai
8.

-

**:**
»  III. Intento con movimento contrario
9.

-

 
**:**
ソナタ第66番 ハ長調

Keyboard Sonata No. 66 in C Major

録音: 20-21 April 2015, Auditorium, Palau de Congressos, Girona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5278975
**:**
»  I. Andante espressivo
10.

-

**:**
»  II. Allegro assai spiritoso
11.

-

**:**
»  III. Intento
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2016/10/01
カタルーニャのウロトに生まれたアントニオ・ソレール(1729-1783)は、6歳でオルガンと作曲の勉強をはじめ、モンセラート修道院の聖歌隊員に加わります。わずか15歳でセオ・デ・ウルゲル大聖堂のオルガニストと副助祭に任命されるほどの才能を持ち、その後は23歳で叙階を受け聖職者となり、亡くなるまでの31年間はずっと禁欲的な生活を送った人です。彼のソナタはスカルラッティの影響が感じられるとともに、18世紀ウィーンの音楽スタイルも反映されていて、時にはハイドンを思わせるエレガントで装飾的なフレーズに彩られた表情豊かな音楽です。演奏しているフリステンコは2013年に開催された第59回マリア・カナルス国際コンクールのピアノ部門の優勝者。ウクライナで生まれ、11歳で初のソロ・リサイタルを開催、世界中のメディアで賞賛される期待の若手ピアニストです。これまではクシェネクなどの後期ロマン派の作品の録音が中心でしたが、このソレールは新たな可能性を感じさせるすっきりとした演奏が魅力です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。