ホーム > アルバム > 8.573607 ポール・ヴィアルド:ヴァイオリン・ソナタ第1番 - 第3番/ポーリーヌ・ヴィアルド:ヴァイオリン・ソナチネ(クッペル/マンツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573607
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ポール・ヴィアルド Paul Viardot , ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルド Pauline Garcia-Viardot
アーティスト
レート・クッペル Reto Kuppel , ウォルフガング・マンツ Wolfgang Manz

ポール・ヴィアルド:ヴァイオリン・ソナタ第1番 - 第3番/ポーリーヌ・ヴィアルド:ヴァイオリン・ソナチネ(クッペル/マンツ)

VIARDOT, Paul: Violin Sonatas Nos. 1-3 / GARCIA-VIARDOT, Pauline: Violin Sonatina (Kuppel, Manz)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573607

全トラック選択/解除

ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルド - Pauline Garcia-Viardot (1821-1910)

**:**
ヴァイオリン ソナチネ イ短調

Violin Sonatina in A Minor

録音: 2-4 May 2016, Reitstadel, Neumarkt in der Oberpfalz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5724425
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Allegro finale
3.

-

ポール・ヴィアルド - Paul Viardot (1857-1941)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 Op. 5

Violin Sonata No. 1 in G Major, Op. 5

録音: 2-4 May 2016, Reitstadel, Neumarkt in der Oberpfalz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5724426
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro assai
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 変ロ長調

Violin Sonata No. 2 in B-Flat Major

録音: 2-4 May 2016, Reitstadel, Neumarkt in der Oberpfalz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5724427
**:**
»  I. Moderato
7.

-

**:**
»  II. Andante, sostenuto
8.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro moderato ma molto agitato
9.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第3番 イ短調

Violin Sonata No. 3 in A Minor

録音: 2-4 May 2016, Reitstadel, Neumarkt in der Oberpfalz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5724428
**:**
»  I. Allegro molto moderato
10.

-

**:**
»  II. Andante, "Recueillement": Andante molto legato e semplice
11.

-

**:**
»  III. Scherzo, "La Méchante Boiteuse"
12.

-

**:**
»  IV. Finale, "Tristesse, Colère, Résignation"
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/05/01
19世紀の音楽界、文学界において、極めて特異な存在感を放った女性ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルド。スペインの高名なテノール歌手マヌエルを父に持ち、自身も声楽家としてデビュー。ショパン、シューマンの親友でもあり、またロシアの文豪ツルゲーネフの相談相手として、多くの芸術家たちに影響を与えたことで知られています。作曲家としても才能を示し、ショパンのマズルカを歌に仕立てた曲や、オリジナル曲など数多くの作品が残されています。彼女の一人息子ポールも音楽的才能を受け継ぎ、ヴァイオリニストとして活躍。しかし、偉大すぎる母を越えることができず、最終的には音楽を離れてしまいました。ヴァイオリン・ソナタの他にもいくつかの作品が残されていますが、どれも息の長い美しいメロディに彩られています。         

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。