ホーム > アルバム > 8.573633 アレンスキー:バレエ音楽「エジプトの夜」(モスクワ響/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573633
CD発売時期
1997年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
アントン・ステパノヴィチ・アレンスキー Anton Stepanovich Arensky
アーティスト
アレクサンドル・アヴラメンコ Alexander Avramenko , ウラディーミル・コルパシュニコフ Vladimir Kolpashnikov , モスクワ交響楽団 Moscow Symphony Orchestra , ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky

アレンスキー:バレエ音楽「エジプトの夜」(モスクワ響/ヤブロンスキー)

ARENSKY, A.S.: Egyptian Nights [Ballet] (Moscow Symphony, Yablonsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573633

全トラック選択/解除

アントン・ステパノヴィチ・アレンスキー - Anton Stepanovich Arensky (1861-1906)

**:**
バレエ音楽「エジプトの夜」 Op. 50

Ėgipetskiye nochi (Egyptian Nights), Op. 50

録音: March 1996, Mosfilm Studio, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862663
**:**
»  序曲
1.

-

Ouverture

**:**
»  情景と妖艶なダンス
2.

-

Scène et danse de coquetterie (Scene and Coquetry Dance)

**:**
»  クレオパトラの入場と情景
3.

-

Entrée de Cléopatre et scène (Entry of Cleopatra and Scene)

**:**
»  アルシノエと奴隷の踊り
4.

-

Danse d'Arsinoé et des esclaves (Dance of Arsinoë and the Slaves)

**:**
»  ベレニスの踊りと情景
5.

-

Danse de Bérénice et scène (Dance of Berenice and Scene)

**:**
»  毒殺の場面
6.

-

Scène d'empoisonnement (Poisoning Scene)

**:**
»  ユダヤの少女たちの踊り
7.

-

Danse des Juives (Dance of the Jewish Girls)

**:**
»  エジプトの少女たちの踊り
8.

-

Danse des égyptiennes (Dance of the Egyptian Girls)

**:**
»  蛇使い - アリオノエの第2の踊り
9.

-

Charmeuse des serpents: Deuxième danse d'Arsinoé (Snake-charmer: Second Dance of Arionoé)

**:**
»  ガーズィーの踊り
10.

-

Danse des Ghazies (Dance of the Ghazis)

**:**
»  ハープのカデンツァ
11.

-

Cadence de la harpe (Harp cadenza)

**:**
»  パ・ド・ドゥ(ワルツのテンポで)
12.

-

Pas de deux (Tempo di valse)

**:**
»  アレグロ・モデラート
13.

-

Allegro moderato

**:**
»  アントニーの荘厳な入場
14.

-

Entrée solennelle d'Antoine (Solemn Entry of Antony)

**:**
»  フィナーレ
15.

-

Finale

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/08/01
作曲をリムスキー=コルサコフに師事し、優秀な成績でペテルブルク音楽院を卒業。その翌年からモスクワ音楽院の作曲科の講師を務め、1889年には教授に昇進、ラフマニノフやスクリャービン、グレチャニノフらを教えるなど、ロシア音楽の歴史の上で重要な役割を担ったアレンスキー。45歳に満たない生涯でありながら、250曲ほどの作品を残したことでも知られています。このバレエ音楽『エジプトの夜』は、クレオパトラを巡る愛のかけ引きが描かれた作品で、チャイコフスキーを思わせる豊かな和声と、官能的な旋律が印象的です。1908年にミハイル・フォーキンの振付によってマリインスキー劇場で初演され、その翌年にはディアギレフによって、他の作曲家の作品も併せた『クレオパトラ』に改編され、現在でも広く愛好されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。