ホーム > アルバム > 8.573649 ライタ:管弦楽作品集 7 - バレエ音楽「カプリッチョ」(ペーチ響/パスケ)

ライタ:管弦楽作品集 7 - バレエ音楽「カプリッチョ」(ペーチ響/パスケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573649
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ラースロー・ライタ László Lajtha
アーティスト
ニコラ・パスケ Nicolás Pasquet , ペーチ交響楽団 Pécs Symphony Orchestra

ライタ:管弦楽作品集 7 - バレエ音楽「カプリッチョ」(ペーチ響/パスケ)

LAJTHA, L.: Orchestral Works, Vol. 7 - Capriccio [Ballet] (Pécs Symphony, Pasquet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573649

全トラック選択/解除

ラースロー・ライタ - László Lajtha (1892-1963)

**:**
バレエ音楽「カプリッチョ」 Op. 39

Capriccio, Op. 39

録音: May 1994, Ferenc Liszt Concert Hall, Pécs, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6029167
**:**
»  Ouverture
1.

-

**:**
»  Complainte et Arlequin consolateur
2.

-

**:**
»  Marche goguenarde
3.

-

**:**
»  Isabelle
4.

-

**:**
»  La marche du Capitain
5.

-

**:**
»  Sérénade de Mezzetin
6.

-

**:**
»  Menuet et Musette - La Leçon d'amour
7.

-

**:**
»  Toccata
8.

-

**:**
»  Rondeau et couplet
9.

-

**:**
»  Romance
10.

-

**:**
»  Scherzo
11.

-

**:**
»  Marche plutôt gracieuse pour un empereur de la lune
12.

-

**:**
»  Les Regrets
13.

-

**:**
»  Finale
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/09/01
ハンガリーにおける20世紀前半の最大の作曲家の一人、ラースロー・ライタ。第二次世界大戦終了後にハンガリー放送の音楽監督になったライタは、暗い世相の中でも常に明るく輝かしい作品を作り人々の精神を高揚させました。愛国心漲る一連の交響曲で知られますが、舞台作品でも成功を収めています。この「カプリッチョ」はライタが愛した18世紀の劇場を想定した作品で、台本はフランスの作家、フランソワ・ガショーの台本を元に、舞台にはアルルカンやカプタンが登場、風刺の効いたストーリーが展開されます。パリの六人組を想起させる機転に溢れる音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。