ホーム > アルバム > 8.573655 モイゼス:交響曲第11番、第12番(スロヴァキア放送響/スロヴァーク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573655
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アレクサンドル・モイゼス Alexander Moyzes
アーティスト
ラディスラフ・スロヴァーク Ladislav Slovák , スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra

モイゼス:交響曲第11番、第12番(スロヴァキア放送響/スロヴァーク)

MOYZES, A.: Symphonies Nos. 11 and 12 (Slovak Radio Symphony, L. Slovák)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573655

全トラック選択/解除

アレクサンドル・モイゼス - Alexander Moyzes (1906-1984)

**:**
交響曲第11番 Op. 79

Symphony No. 11, Op. 79

録音: 27 November - 1 December 1995, The Concert Hall of the Slovak Radio, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7121649
**:**
»  I. Andante - Allegro ma non troppo
1.

-

**:**
»  II. Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Andante: Un poco tenuto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
交響曲第12番 Op. 83

Symphony No. 12, Op. 83

録音: 27-30 September 1993, The Concert Hall of the Slovak Radio, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7121651
**:**
»  I. Larghetto - Allegro
5.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto
6.

-

**:**
»  III. Allegro
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2019/04/01
現代スロヴァキアの音楽界で最も重要な人物の一人とされるアレクサンダー・モイゼス。彼の一連の作品はどれも故郷スロヴァキア民謡からインスピレーションを受けています。このアルバムには交響曲第11番と第12番を収録。晩年のモイゼスによる熟練の手法が冴える充実した作品を楽しむことができます。1978年に作曲された第11番は、オンドレイ・レナールトが指揮するスロヴァキア放送交響楽団が初演。混沌とした序奏部分と、ここから現れる決然とした動機が様々に形を変えていく発展的な第1楽章が印象的です。他の楽章はどれも洗練された作風に拠って書かれており、モイゼスの巧みな作曲技法が映える作品です。1983年に作曲された第12番はモイゼスの最後の管弦楽作品であり、彼の「音楽的自叙伝」となるものです。シンプルな構造で書かれていますが、ストレートな表現はモイゼスの思いを余すことなく伝えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。