ホーム > アルバム > 8.573672 スメタナ:祝典交響曲(勝利の交響曲)/歌劇「売られた花嫁」(抜粋)(ベルリン放送響/ダレル・アン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573672
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ベドジフ・スメタナ Bedřich Smetana
アーティスト
ダレル・アン Darrell Ang , ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin)

スメタナ:祝典交響曲(勝利の交響曲)/歌劇「売られた花嫁」(抜粋)(ベルリン放送響/ダレル・アン)

SMETANA, B.: Triumphal (Festive) Symphony / The Bartered Bride (excerpts) (Berlin Radio Symphony, Darrell Ang)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573672

全トラック選択/解除

ベドジフ・スメタナ - Bedřich Smetana (1824-1884)

**:**
祝典交響曲(勝利の交響曲) ホ長調 Op. 6

Triumphal Symphony in E Major, Op. 6

録音: 2-5 February 2016, Großer Sendesaal, Rundfunk Berlin Brandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6342905
**:**
»  I. Allegro vivace
1.

-

**:**
»  II. Largo maestoso
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro vivo
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro non troppo ma energico
4.

-

 
**:**
歌劇「売られた花嫁」 - 序曲
5.

Prodaná nevesta (The Bartered Bride): Overture

録音: 2-5 February 2016, Großer Sendesaal, Rundfunk Berlin Brandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6495417
 
**:**
歌劇「売られた花嫁」(抜粋)

Prodaná nevesta (The Bartered Bride) (excerpts)

録音: 2-5 February 2016, Großer Sendesaal, Rundfunk Berlin Brandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6495416
**:**
»  Act I: Finale: Polka
6.

-

**:**
»  Act II: Furiant
7.

-

**:**
»  Act III: Dance of the Comedians
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/03/01
昨年来日、颯爽とした姿と高い音楽性で聴衆を魅了した指揮者ダレル・アン。レパートリーも幅広く、これまでNAXOSからはデュティユーの交響曲と中国の作曲家、周龍と陳怡の作品集、マイアベーア、オッフェンバックの序曲集など、珍しい作品の録音をリリースしています。今回彼が取り組んだのは、やはり珍しいスメタナの「祝典交響曲」。1854年、当時のボヘミアを支配していたオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝フランツ=ヨーゼフ1世の婚礼が挙行された際、スメタナはこれを祝して交響曲を作曲し献呈しようと目論みました。しかし残念なことに「(被支配民族である)ボヘミア人の作品は婚礼にふさわしくない」と却下されてしまい、また、作品中に頻繁に現れる「皇帝賛歌」はボヘミアの人々の共感を得ることができず、結局、スメタナは作品をしまい込んでしまいます。しかし1881年に作品を改訂、スメタナの唯一の交響曲として作品はようやくカタログに残ることになりました。若き作曲家の意欲溢れる華やかな交響曲をどうぞお楽しみください。
レビュアー: yasu 投稿日:2024/03/01
《スメタナ生誕200年!若き日の傑作交響曲!》 3月2日はスメタナの誕生日!2024年生誕200年となるチェコの作曲家ベドジフ・スメタナ。名曲「モルダウ」を含む大作「わが祖国」が圧倒的に有名で、歌劇「売られた花嫁」の序曲、弦楽四重奏曲第1番「わが生涯より」などの曲が代表作として知られています。ご紹介するのはスメタナ若かりし30歳の頃(1854年)に作曲された唯一の交響曲「祝典交響曲」です。作曲当時は「勝利の交響曲」として、オーストリア=ハンガリー帝国のフランツ・ヨーゼフ1世への献呈曲として作曲されましたが、拒否されてしいまいました。後に改訂し「祝典交響曲」という名前に改名されました。トランペットのファンファーレで始まる華やかな作品で、「わが祖国」などにみられる民族的は響きはほとんどなく、スメタナの一味違う作風が楽しめる一曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。