ホーム > アルバム > 8.573676 J.S. バッハ:イギリス組曲第4番, 第6番(2つのギター編)(モンテネグロ・ギター・デュオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573676
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
ゴラン・コリヴォカピチ Goran Krivokapić , ダニエル・セロヴィッチ Danijel Cerović
アーティスト
モンテネグロ・ギター・デュオ Montenegrin Guitar Duo

J.S. バッハ:イギリス組曲第4番, 第6番(2つのギター編)(モンテネグロ・ギター・デュオ)

BACH, J.S.: English Suites Nos. 4-6 (arr. Montenegrin Guitar Duo for 2 guitars) (Montenegrin Guitar Duo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573676

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
イギリス組曲第4番 ヘ長調 BWV 809 (モンテネグロ・ギター・デュオによる2つのギター編)

English Suite No. 4 in F Major, BWV 809 (arr. Montenegrin Guitar Duo for 2 guitars)

録音: 27-30 October 2016, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6486336
**:**
»  I. Prélude
1.

-

**:**
»  II. Allemande
2.

-

**:**
»  III. Courante
3.

-

**:**
»  IV. Sarabande
4.

-

**:**
»  V. Menuet I-II
5.

-

**:**
»  VI. Gigue
6.

-

 
**:**
イギリス組曲第5番 ホ短調 BWV 810 (モンテネグロ・ギター・デュオによる2つのギター編)

English Suite No. 5 in E Minor, BWV 810 (arr. Montenegrin Guitar Duo for 2 guitars)

録音: 27-30 October 2016, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6486337
**:**
»  I. Prélude
7.

-

**:**
»  II. Allemande
8.

-

**:**
»  III. Courante
9.

-

**:**
»  IV. Sarabande
10.

-

**:**
»  V. Passepied I-II
11.

-

**:**
»  VI. Gigue
12.

-

 
**:**
イギリス組曲第6番 ニ短調 BWV 811 (モンテネグロ・ギター・デュオによる2つのギター編)

English Suite No. 6 in D Minor, BWV 811 (arr. Montenegrin Guitar Duo for 2 guitars)

録音: 27-30 October 2016, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6486338
**:**
»  I. Prélude
13.

-

**:**
»  II. Allemande
14.

-

**:**
»  III. Courante
15.

-

**:**
»  IV. Sarabande
16.

-

**:**
»  IV. Double
17.

-

**:**
»  V. Gavotte I-II
18.

-

**:**
»  VI. Gigue
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
J.S.バッハの作品をギターで演奏する試みは、19世紀後半、タルレガの時代あたりから頻繁に行われ、名手たちがそれぞれ、無伴奏パルティータや無伴奏チェロ組曲、ゴルトベルク変奏曲などをギターに移し替え、素晴らしい成果を上げています。この「イギリス組曲」は1720年から1730年頃「ある高貴なイギリス人のために書かれた」とされ、バッハの鍵盤作品の最高峰の一つであり、様々な舞曲で構成されたこの作品は鍵盤で演奏するのもなかなか困難ですが、モンテネグロ・ギター・デュオは、これを「2台ギターで演奏する」ことにより、オリジナルよりも多彩で新鮮な響きを作り上げることに成功。極めて完成度の高い演奏を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。