ホーム > アルバム > 8.573692 ダウランド/ブリテン/ラター/スコット/モー:イギリスのギター音楽集 2 (デヴァイン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573692
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
シリル・スコット Cyril Scott , ジョン・ダウランド John Dowland , ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten , ニコラス・モー Nicholas Maw , ジョン・ラター John Rutter
編曲者
グレアム・アンソニー・デヴァイン Graham Anthony Devine
アーティスト
グレアム・アンソニー・デヴァイン Graham Anthony Devine

ダウランド/ブリテン/ラター/スコット/モー:イギリスのギター音楽集 2 (デヴァイン)

Guitar Recital: Devine, Graham Anthony - DOWLAND, J. / BRITTEN, B. / RUTTER, J. / SCOTT, C. / MAW, N. (British Guitar Music, Vol. 2)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573692

全トラック選択/解除

ジョン・ダウランド - John Dowland (1563-1626)

**:**
ジョン・ラングントン氏のパヴァーヌ P. 14 (G.A. デヴァインによるギター編)
1.

Mr. John Langton's Pavan, P. 14 (arr. G.A. Devine for guitar)

録音: 6-7 September 2014, St Rumbold Church, Stoke Doyle, Northamptonshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8130946

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
ダウランドによるノクターナル - 「来たれ、深き眠りよ」によるリフレクション Op. 70
2.

Nocturnal after John Dowland: Reflections on Come, heavy sleep, Op. 70

録音: 6-7 September 2014, St Rumbold Church, Stoke Doyle, Northamptonshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8387471

ジョン・ラター - John Rutter (1945-)

**:**
古風な前奏曲
3.

Prélude Antique

録音: 12 September 2014, St Rumbold Church, Stoke Doyle, Northamptonshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8387472
 
**:**
ロンドー・カプリース
4.

Rondeau Caprice

録音: 6-7 September 2014, St Rumbold Church, Stoke Doyle, Northamptonshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8387473

シリル・スコット - Cyril Scott (1879-1970)

**:**
ギター・ソナチネ(編曲:J. ブリーム)

Guitar Sonatina (ed. J. Bream)

録音: 6-7 September 2014, St Rumbold Church, Stoke Doyle, Northamptonshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8387474
**:**
»  I. Adagio quasi introduzione - Molto moderato
5.

-

**:**
»  II. Allegretto pensoso
6.

-

**:**
»  III. Finale
7.

-

ニコラス・モー - Nicholas Maw (1935-2009)

**:**
ミュージック・オブ・メモリー
8.

Music of Memory

録音: 12 September 2014, St Rumbold Church, Stoke Doyle, Northamptonshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8387475
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/04/01
イギリス出身の世界的ギタリスト、ジュリアン・ブリーム(1933-2020)は,ギター音楽の中心的なレパートリーを占めるスペイン音楽だけではなく、自国の作品を積極的に演奏しました。その中にはイギリス・ルネサンス期の音楽や、彼と同時代の作曲家たちに委嘱した多くの作品が含まれています。現代イギリスにおける名ギター奏者グレアム・アンソニー・デヴァインはこれらの作品を21世紀に紹介することで、改めてブリームの偉大さを称えています。ウォルトンやロースソーン、バークリー作品などが収録された第1集に続く第2集では、自らリュートも演奏したというブリームが愛奏したダウランド作品をはじめ、ブリームの依頼で書かれたブリテンによる名作「ダウランドによる夜想曲」、現代イギリスを代表する作曲家ジョン・ラターの2作品と、世界初録音となるブリームが校訂したシリル・スコットのソナチネ、そしてニコラス・モーの大作「ミュージック・オブ・メモリー」が演奏されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。