ホーム > アルバム > 8.573716 ヴォルフ=フェラーリ:タリタ・クミ/受難/8つの合唱曲(トロスト/マルティン=ローヨ/コーロ・エル・レオン・デ・オロ/オビエド・フィラルモニア/ハイダー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573716
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ Ermanno Wolf-Ferrari
作詞家
カルロ・ゴルドーニ Carlo Goldoni , 新約聖書 Bible - New Testament , 伝承 Traditional , ハインリヒ・ハイネ Heinrich Heine , ミケランジェロ・ブオナローティ Michelangelo Buonarroti , 不詳 Anonymous
アーティスト
オビエド・フィラルモニア Oviedo Filarmonía , ライナー・トロスト Rainer Trost , フリードリヒ・ハイダー Friedrich Haider , ジュアン・マルティン=ロユ Joan Martín-Royo , Coro El León de Oro

ヴォルフ=フェラーリ:タリタ・クミ/受難/8つの合唱曲(トロスト/マルティン=ローヨ/コーロ・エル・レオン・デ・オロ/オビエド・フィラルモニア/ハイダー)

WOLF-FERRARI, E.: Talitha Kumi / La Passione / 8 Cori (Trost, Martín-Royo, Coro El León de Oro, Oviedo Filarmonía, Haider)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573716

全トラック選択/解除

エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ - Ermanno Wolf-Ferrari (1876-1948)

**:**
タリタ・クミ!娘よ、起きなさい(ジェイラスの娘) Op.3

Talitha Kumi (La figlia di Giairo, Die Tochter des Jairus), Op. 3

録音: 24-29 April 2010, Auditorio Príncipe Felipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6280795
**:**
»  Part I: Et cum transcendisset Jesus
1.

-

**:**
»  Part II: Et non admisit
2.

-

 
**:**
受難 Op. 21
3.

La Passione, Op. 21

録音: 24-29 April 2010, Auditorio Príncipe Felipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6280800
 
**:**
8つの合唱曲 Op. 2

8 Cori, Op. 2

録音: 24-29 April 2010, Auditorio Príncipe Felipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6280801
**:**
»  Madrigale
4.

-

**:**
»  Canto No. 1
5.

-

**:**
»  Canto No. 2
6.

-

**:**
»  Frottola
7.

-

**:**
»  Die Lehre
8.

-

**:**
»  Stornello
9.

-

**:**
»  Rispetto
10.

-

**:**
»  Quartina
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/12/01
ヴォルフ=フェラーリと言えば「名曲集」に収録された歌劇《マドンナの宝石》を思い浮かべる人がほとんどでしょう。しかし、この歌劇の全曲はおろか、他の曲もほとんど演奏されることのないヴォルフ=フォラーリ。近年ようやく他の器楽曲や声楽曲にも注目が集まり、いくつかの作品を実際に聞くことができるようになりました。10代から作曲を続けていた彼ですが、オペラ作曲家として名を挙げたのは30歳を越えてからのこと。それまでは器楽曲と合唱作品を主に作曲していました。このアルバムに収録されているのは、その初期の作品です。旧約聖書からテキストをとった《タリタ・クミ》とやはり宗教的な題材による「受難」、イタリア・ルネサンス期への憧れが表出された「八声の合唱曲」と、非常に美しく、かつ崇高な精神が宿った3作を名手ハイダーが共感を持って演奏しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。