ホーム > アルバム > 8.573722 カラーエフ:交響曲第1番/ヴァイオリン協奏曲(ガンデルマン/キエフ・ヴィルトゥオージ響/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573722
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
カラ・カラーエフ Kara Karayev
アーティスト
ヤンナ・ガンデルマン Janna Gandelman , キエフ・ヴィルトゥオージ交響楽団 Kiev Virtuosi Symphony Orchestra , ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky

カラーエフ:交響曲第1番/ヴァイオリン協奏曲(ガンデルマン/キエフ・ヴィルトゥオージ響/ヤブロンスキー)

KARAYEV, K.: Symphony No. 1 / Violin Concerto (Gandelman, Kiev Virtuosi Symphony, D. Yablonsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573722

全トラック選択/解除

カラ・カラーエフ - Kara Karayev (1918-1982)

**:**
交響曲第1番 ロ短調

Symphony No. 1 in B Minor

録音: 10-15 September 2016, NRCU Recording House, Kiev, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6344250
**:**
»  I. Molto sostenuto. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Lento moderato
2.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

録音: 10-15 September 2016, NRCU Recording House, Kiev, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6344251
**:**
»  I. Allegro moderato
3.

-

**:**
»  II. Andante
4.

-

**:**
»  III. Allegro
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
20世紀、アゼルバイジャンで活躍した作曲家カラーエフ。表情力豊かな彼の作品は、次世代の作曲家たちにもインスピレーションを与え、結果的にアゼルバイジャン音楽の発展に大きく寄与することになりました。1943年に作曲された「交響曲第1番」はカラーエフの代表作の一つ。オーケストラの楽器の性能を存分に生かし、時には荒々しく、時には郷愁に満ちたハーモニーが聞こえるなど、民謡風のメロディが有機的に発展するエネルギーに満ちた作品です。もう1曲の「ヴァイオリン協奏曲」は1967年の作品。1961年に初めてアメリカを訪れたカラーエフはストラヴィンスキーに出会い、強い影響を受けました。そのため1964年に作曲された「交響曲 第3番」やこのヴァイオリン協奏曲では打楽器が縦横無尽に活躍するなど、作風が劇的に変化。強烈なヴァイオリンのパッセージ、表現豊かな木管セクションなど至るところに新古典派音楽の作風が強く感じられるモダンな作品になっています。ヤブロンスキーはこれまでにも交響曲第3番(8.570720)やバレエ音楽(8.573122)の2枚のカラーエフ作品をNAXOSからリリースしています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。