ホーム > アルバム > 8.573730 オンスロウ/メンデルスゾーン/カリヴォダ:ヴィオラとピアノのための作品集(戸川ひより/グリゴリアン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573730
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ジョルジュ・オンスロウ George Onslow , ヨハン・ヴェンツェル・カリヴォダ Johann Wenzel Kalliwoda , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
アーティスト
リリト・グリゴリアン Lilit Grigoryan , 戸川ひより Hiyoli Togawa

オンスロウ/メンデルスゾーン/カリヴォダ:ヴィオラとピアノのための作品集(戸川ひより/グリゴリアン)

Viola and Piano Music (Romantic) - ONSLOW, G. / MENDELSSOHN, Felix / KALLIWODA, J.W. (Romantic Viola Sonatas) (Hiyoli Togawa, Grigoryan)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573730

全トラック選択/解除

ジョルジュ・オンスロウ - George Onslow (1784-1853)

**:**
チェロ・ソナタ ヘ長調 Op. 16, No. 1 (ヴィオラとピアノ版)

Cello Sonata in F Major, Op. 16, No. 1 (version for viola and piano)

録音: 5-7 October 2016, Studio b-sharp, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6222974
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
ヴィオラ・ソナタ ハ短調

Viola Sonata in C Minor, MWV Q14

録音: 5-7 October 2016, Studio b-sharp, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6222972
**:**
»  I. Adagio - Allegro
4.

-

**:**
»  II. Menuetto: Allegro molto
5.

-

**:**
»  III. Andante con Variazioni
6.

-

ヨハン・ヴェンツェル・カリヴォダ - Johann Wenzel Kalliwoda (1801-1866)

**:**
6つの夜想曲 Op. 186

6 Nocturnes, Op. 186

録音: 5-7 October 2016, Studio b-sharp, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6222973
**:**
»  Nocturne No. 1: Larghetto
7.

-

**:**
»  Nocturne No. 2: Allegretto ma un poco vivo
8.

-

**:**
»  Nocturne No. 3: Poco adagio
9.

-

**:**
»  Nocturne No. 4: Allegretto, ma un poco vivo
10.

-

**:**
»  Nocturne No. 5: Adagio con molta espressione
11.

-

**:**
»  Nocturne No. 6: Allegro moderato
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/11/01
オーケストラの中でも「地味な存在」と見做されてしまう楽器「ヴィオラ」。ソロ楽器として扱われることはほとんどなく、また響きもヴァイオリンとチェロの中間を担う役割であり、どうしても埋没してしまいがちです。20世紀になってヒンデミットを筆頭に、バルトーク、ウォルトンたちがヴィオラのための作品を書いたことでようやく注目を浴びるようになりました。しかし、19世紀にヴィオラのための名作がなかったわけではありません。15歳のメンデルスゾーンが書いた美しい「ヴィオラ・ソナタ」をはじめ、オンスロウのエレガントなチェロ・ソナタ(ヴィオラ用に編曲)、シンプルで落ち着いた旋律が魅力のカリヴォダの「夜想曲」。これら3曲はヴィオラの持つ音色の特性を活かした素晴らしい作品です。演奏しているのは、オーストラリアと日本の血をひくヴィオラ奏者戸川ひより。2014年に開催されたブラームス国際コンクールに入賞した逸材です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。