ホーム > アルバム > 8.573735 トゥレヴ:マニフィカト/夏の雨/レガティッシモ/タント・ジェンティーレ(ラトビア放送合唱団/タリン室内管/プトニンシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573735
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 器楽曲, 声楽曲
作曲家
トイヴォ・トゥレヴ Toivo Tulev
作詞家
ダンテ・アリギエーリ Dante Alighieri , マンスール・アル=ハッラージュ Mansur Al-Hallaj , トマス・スターンズ・エリオット Thomas Stearns Eliot , 旧約聖書 Bible - Old Testament , 新約聖書 Bible - New Testament , トイヴォ・トゥレヴ Toivo Tulev , 不詳 Anonymous
アーティスト
ヴィルゴ・ヴェルディ Virgo Veldi , イエヴァ・エツェリエーテ Ieva Ezeriete , ヴァンボラ・クリグル Vambola Krigul , タリン室内管弦楽団 Tallinn Chamber Orchestra , チャン・カボ Ka Bo Chan , カスパルス・プトニンシュ Kaspars Putniņš , インガ・マルティンソーネ Inga Martinsone , エイジ・ユーリカス Age Juurikas , ラトビア放送合唱団 Latvian Radio Choir , ヘイゴ・ロジン Heigo Rosin

トゥレヴ:マニフィカト/夏の雨/レガティッシモ/タント・ジェンティーレ(ラトビア放送合唱団/タリン室内管/プトニンシュ)

TULEV, T.: Magnificat / Summer Rain / Legatissimo / Tanto gentile (Latvian Radio Choir, Tallinn Chamber Orchestra, Putniņš)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573735

全トラック選択/解除

トイヴォ・トゥレヴ - Toivo Tulev (1958-)

**:**
夏の雨
1.

Suvine Vihm (Summer Rain)

録音: 11 December 2013, St Gertrude Old Church, Riga, Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6637805
 
**:**
レガティッシモ
2.

Legatissimo

録音: 24 October 2013, Tallinn Methodist Church, Estonia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6637806
 
**:**
タント・ジェンティーレ(とても優しく)
3.

Tanto gentile

録音: 10 December 2013, St Gertrude Old Church, Riga, Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6637807
 
**:**
私は言った、あなたは誰? - 彼は言った、あなたです
4.

I said, Who are You? - He said, You

録音: 24 October 2013, Tallinn Methodist Church, Estonia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6637808
 
**:**
流れよ、わが涙
5.

Flow, My Tears

録音: 11 December 2013, St Gertrude Old Church, Riga, Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6637809
 
**:**
マニフィカト
6.

Magnificat

録音: 10 December 2013, St Gertrude Old Church, Riga, Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6637810
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/07/01
エストニアの作曲家トイヴォ・トゥレフの合唱作品集。彼は宗教的な神秘主義を貫いており、その作品にはグレゴリオ聖歌から連なる伝承と表現主義の融合が見られます。若い頃から様々な国を巡っており、なかでも“イスタンブールの町から受けた印象が作品に強く影響を及ぼしている”と彼自身が考えています。神秘主義でありながらも、ペルトのようなシンプルな和声を好むのではなく、どれも難解なハーモニーで書かれており、美しい和声に思える響きにも複雑な音が組み込まれ、聴く者にある種の混乱を与えます。なかでもTrack2に置かれた「レガーッティシモ」(世界初録音)は激しいパーカッションのみの作品ですが、この響きは最後の「マニフィカト」の静謐な音と統合され、トゥレフの求めるカラフルな世界が完結します。ラトヴィア放送合唱団の素晴らしいアンサンブルが聴きどころです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。