ホーム > アルバム > 8.573739 プーランク:バレエ音楽「牝鹿」組曲/組曲「模範的な動物たち」/シンフォニエッタ(アイルランド国立響/タンゴー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573739
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランシス・プーランク Francis Poulenc
アーティスト
アイルランド国立交響楽団 Ireland RTÉ National Symphony Orchestra , ジャン=リュック・タンゴー Jean-Luc Tingaud

プーランク:バレエ音楽「牝鹿」組曲/組曲「模範的な動物たち」/シンフォニエッタ(アイルランド国立響/タンゴー)

POULENC, F.: Biches Suite (Les) / Les animaux modèles Suite / Sinfonietta (Ireland RTÉ National Symphony, Tingaud)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573739

全トラック選択/解除

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
バレエ音楽「牝鹿」 FP 36

Les biches Suite, FP 36

録音: 27-28 March 2017, National Concert Hall, Dublin, Irish Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6375218
**:**
»  I. Rondeau
1.

-

**:**
»  II. Adagietto
2.

-

**:**
»  III. Rag-Mazurka
3.

-

**:**
»  IV. Andantino
4.

-

**:**
»  V. Final
5.

-

 
**:**
組曲「模範的な動物たち」 FP 111

Les animaux modèles Suite, FP 111

録音: 27-28 March 2017, National Concert Hall, Dublin, Irish Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6375219
**:**
»  I. Le petit jour
6.

-

**:**
»  II. Le Lion amoreux
7.

-

**:**
»  III. L'Homme entre deux âges et ses deux maîtresses
8.

-

**:**
»  IV. La mort et le bûcheron
9.

-

**:**
»  V. Les deux Coqs
10.

-

**:**
»  VI. Le repas de midi
11.

-

 
**:**
シンフォニエッタ FP 141

Sinfonietta, FP 141

録音: 27-28 March 2017, National Concert Hall, Dublin, Irish Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6375220
**:**
»  I. Allegro con fuoco
12.

-

**:**
»  II. Molto vivace
13.

-

**:**
»  III. Andante cantabile
14.

-

**:**
»  IV. Finale
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
プーランクの3つの管弦楽作品を収録。バレエ音楽「牝鹿」は24歳の作品。バレエ・リュスを率いるディアギレフから作曲を依頼されたプーランクは、極めて優雅で軽やかな作品を書き上げました。初演時にはマリー・ローランサンが衣装と装置を担当。もともと彼女の絵からヒントを得たというこの作品は大成功を収め「牝鹿=かわいい娘たち」のタイトル通り、1920年代のパリのサロンでの気分が存分に表現されています。「模範的な動物たち」は1941年に完成されたバレエ音楽で、ラ・フォンテーヌの寓話が元になっています。もちろん単に動物を描いたのではなく、そこには人間への鋭い観察眼が秘められています。最後の「シンフォニエッタ」はバレエ音楽ではなく、弦楽四重奏曲の構想を膨らませたもので、魅力的な旋律が次々と現れるプーランク円熟期の作品です。フランスのエスプリが全編に溢れています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。