ホーム > アルバム > 8.573766 ウェーバー:フルートのための室内楽作品集(瀬尾和紀/上森祥平/上野真)

ウェーバー:フルートのための室内楽作品集(瀬尾和紀/上森祥平/上野真)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573766
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
カール・マリア・フォン・ウェーバー Carl Maria von Weber
編曲者
瀬尾和紀 Kazunori Seo , アウグスト・エベルハルト・ミュラー August Eberhard Müller
アーティスト
上野真 Makoto Ueno , 上森祥平 Shohei Uwamori , 瀬尾和紀 Kazunori Seo

ウェーバー:フルートのための室内楽作品集(瀬尾和紀/上森祥平/上野真)

WEBER, C.M. von: Chamber Music for Flute (Kazunori Seo, Shohei Uwamori, Makoto Ueno)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573766

全トラック選択/解除

カール・マリア・フォン・ウェーバー - Carl Maria von Weber (1786-1826)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 変イ長調 Op. 39 J. 199 (A.E. ミュラーによるフルートとピアノ編)

Piano Sonata No. 2 in A-Flat Major, Op. 39, J. 199 (arr. A.E. Müller for flute and piano)

録音: 28-30 November 2017, Grand Auditorium, Mie Center for the Arts, Tsu, Mie Prefecture, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7270722
**:**
»  I. Allegro moderato con spirito ed assai legato
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Menuetto capriccioso: Presto assai
3.

-

**:**
»  IV. Rondo: Moderato e molto grazioso
4.

-

 
**:**
協奏的大二重奏曲 変ホ長調 Op. 48, J. 204(瀬尾和紀によるフルートとピアノ編)

Grand Duo Concertant in E-Flat Major, Op. 48, J. 204 (arr. Kazunori Seo for flute and piano)

録音: 28-30 November 2017, Grand Auditorium, Mie Center for the Arts, Tsu, Mie Prefecture, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7270723
**:**
»  I. Allegro con fuoco
5.

-

**:**
»  II. Andante con moto
6.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
7.

-

 
**:**
フルート三重奏曲 Op. 63 J. 259

Flute Trio in G Minor, Op. 63, J. 259

録音: 28-30 November 2017, Grand Auditorium, Mie Center for the Arts, Tsu, Mie Prefecture, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7270724
**:**
»  I. Allegro moderato
8.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro vivace
9.

-

**:**
»  III. Schäfers Klage: Andante espressivo
10.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/07/01
歌劇《魔弾の射手》で知られる初期ロマン派の作曲家ウェーバー。若い頃、不幸な事故で声を失うもドイツ各地の劇場の改革に尽力、優れた作曲家として名声を高めました。生涯のほとんどを劇場の仕事に費やした彼の作品のほとんどは歌劇でしたが、実は優れたピアニストでもあり、ピアノ曲には惜しげもなく超絶技巧が施されています。今回、フルートの瀬尾和紀が着目したのはそんなウェーバーの様々な作品。冒頭に置かれたのは、フルート用に編曲した「ピアノ・ソナタ」という珍しい曲。ミュラーに拠って加えられたというフルートのパッセージが聴きどころです。演奏会用大二重奏曲は、もともとクラリネットとピアノのための作品。ヴァイオリンでも演奏可というところを、瀬尾は一味加えフルートで鮮やかに演奏してみせます。もともとフルートが使われた「三重奏曲」ではフルート、ピアノ、チェロの絡みが見事。三人の日本人奏者による息詰まるような演奏をお楽しみください。輸入盤国内仕様:日本語解説付き(西村 祐)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。