ホーム > アルバム > 8.573781 マイール:スターバト・マーテル ヘ短調(F. ハウク、M. ヘーブルによる補筆完成版)(ユン・ジェウォン/ホルツハウザー/ゼリアー/ハーマン/ジモン・マイール合唱団/コンチェルト・デ・バッスス/ハウク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573781
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハン・ジモン・マイール Johann Simon Mayr
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ヴィルトゥオージ・イタリアーニ Virtuosi Italiani , コンチェルト・デ・バッスス Concerto de Bassus , マルクス・シェーファー Markus Schäfer , ジモン・マイール合唱団 Simon Mayr Choir , ローベルト・セリアー Robert Sellier , バイエルン国立歌劇場合唱団のメンバー Bavarian State Opera Chorus, members , フランツ・ハウク Franz Hauk , イェンス・ハマン Jens Hamann , アンドレア・ローレン・ブラウン Andrea Lauren Brown , テレサ・ホルツハウザー Theresa Holzhauser , ヴァージル・ミショック Virgil Mischok , ユン・ジェウォン Jaewon Yun

マイール:スターバト・マーテル ヘ短調(F. ハウク、M. ヘーブルによる補筆完成版)(ユン・ジェウォン/ホルツハウザー/ゼリアー/ハーマン/ジモン・マイール合唱団/コンチェルト・デ・バッスス/ハウク)

MAYR, J.S.: Stabat Mater in F Minor (ed. F. Hauk and M. Hößl) (Jaewon Yun, Holzhauser, Sellier, Hamann, Simon Mayr Choir, Concerto de Bassus, Hauk)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573781

全トラック選択/解除

ヨハン・ジモン・マイール - Johann Simon Mayr (1763-1845)

**:**
スターバト・マーテル ヘ短調(F. ハウク、M. ヘーブルによる補筆完成版)

Stabat Mater in F Minor (ed. F. Hauk and M. Hößl)

録音: 7-11 April 2014, Asamkirche Maria de Victoria, Ingolstadt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5890403
**:**
»  Stabat mater
1.

-

**:**
»  O quam tristis
2.

-

**:**
»  Quis est homo
3.

-

**:**
»  Pro peccatis
4.

-

**:**
»  Eja mater
5.

-

**:**
»  Sancta mater
6.

-

**:**
»  Inflammatus
7.

-

**:**
»  Quando corpus
8.

-

 
**:**
さあ、御母よ ヘ長調
9.

Eja Mater in F Major

録音: 7-11 April 2014, Asamkirche Maria de Victoria, Ingolstadt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5890404
 
**:**
めでたし、海の星よ ト長調
10.

Ave Maris Stella in G Major

録音: 26 April 2014, Asamkirche Maria de Victoria, Ingolstadt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5890405
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/07/01
13世紀に生まれたスターバト・マーテル(悲しみの聖母)は、17世紀から18世紀にかけてイタリアと南ドイツを中心に数多くの作曲家がこの悲痛な詩に曲を付けています。とりわけ有名なのはペルゴレージやロッシーニの作品であり、19世紀にはドヴォルザークやシマノフスキ、20世紀にはペルト、ペンデレツキら、数多くの名作が生まれています。このマイールの「スターバト・マーテル」は一部が失われていますが、マイール研究家ハウクの手によって、不足している部分が埋められています。マイール自身はこの作品を気に入っており、後のレクイエムでも一部が転用されているなど、折りに触れこの作品に手を加えていたようです。悲痛な内容でありながらも、全体的に明るさに満ちており、最後に置かれた賛美歌はとりわけ清冽な美しさを湛えています

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。