ホーム > アルバム > 8.573798-99 ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(W. ショウによる校訂版)(オローリン/ムーア/ファン/アウトロー/コンサート・アーティスツ・オブ・ボルティモア・シンフォニック合唱団/ボルティモア響)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573798-99
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
シドニー・アウトロー Sidney Outlaw , ジェニファー・オローリン Jennifer O'Loughlin , コンサート・アーティスツ・オブ・ボルティモア・シンフォニック合唱団 Concert Artists of Baltimore Symphonic Chorale , ニコラス・ファン Nicholas Phan , ボルティモア交響楽団 Baltimore Symphony Orchestra , エドワード・ポロチク Edward Polochick , ダイアナ・ムーア Diana Moore

ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(W. ショウによる校訂版)(オローリン/ムーア/ファン/アウトロー/コンサート・アーティスツ・オブ・ボルティモア・シンフォニック合唱団/ボルティモア響)

HANDEL, G.F.: Messiah (ed. W. Shaw) (O'Loughlin, D. Moore, Phan, Concert Artists of Baltimore Symphonic Chorale, Baltimore Symphony, Polochick)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573798-99

全トラック選択/解除

Disc 1

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「メサイア」 HWV 56 (W. ショウによる校訂版)

Messiah, HWV 56 (ed. W. Shaw)

録音: 2 and 4 December 2016, Joseph Meyerhoff Symphony Hall, Baltimore, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6622800
**:**
»  Part I: Overture
1.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Comfort ye my people (Tenor)
2.

-

**:**
»  Part I: Air: Every valley shall be exalted (Tenor)
3.

-

**:**
»  Part I: And the glory of the Lord (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Thus saith the Lord (Bass)
5.

-

**:**
»  Part I: Air: But who may abide the day of his coming? (Alto)
6.

-

**:**
»  Part I: And he shall purify (Chorus)
7.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Behold, a virgin shall conceive (Alto)
8.

-

**:**
»  Part I: Air and Chorus: O thou that tellest good tidings to Zion (Alto, Chorus)
9.

-

**:**
»  Part I: Recitative: For behold, darkness shall cover the earth (Bass)
10.

-

**:**
»  Part I: Air: The people that walked in darkness (Bass)
11.

-

**:**
»  Part I: For unto us a child is born (Chorus)
12.

-

**:**
»  Part I: Pifa, "Pastoral Symphony"
13.

-

**:**
»  Part I: Recitative: There were shepherds abiding in the field (Soprano)
14.

-

**:**
»  Part I: Recitative: And the angel said unto them (Soprano)
15.

-

**:**
»  Part I: Recitative: And suddenly there was with the angel (Soprano)
16.

-

**:**
»  Part I: Glory to God in the highest (Chorus)
17.

-

**:**
»  Part I: Air: Rejoice greatly, O daughter of Zion (Soprano)
18.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Then shall the eyes of the blind be open'd (Alto)
19.

-

**:**
»  Part I: Air: He shall feed his flock like a shepherd (Alto, Soprano)
20.

-

**:**
»  Part I: His yoke is easy, his burthen is light (Chorus)
21.

-

**:**
»  Part II: Behold the Lamb of God (Chorus)
22.

-

**:**
»  Part II: Air: He was despised and rejected of men (Alto)
23.

-

**:**
»  Part II: Surely he hath borne our griefs (Chorus)
24.

-

**:**
»  Part II: And with his stripes we are healed (Chorus)
25.

-

**:**
»  Part II: All we like sheep have gone astray (Chorus)
26.

-

Disc 2

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「メサイア」 HWV 56 (W. ショウによる校訂版)

Messiah, HWV 56 (ed. W. Shaw)

録音: 2 and 4 December 2016, Joseph Meyerhoff Symphony Hall, Baltimore, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6622800
**:**
»  Part II: Recitative: All they that see him laugh him to scorn (Tenor)
1.

-

**:**
»  Part II: He trusted in God (Chorus)
2.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Thy rebuke hath broken his heart (Tenor)
3.

-

**:**
»  Part II: Air: Behold, and see if there be any sorrow (Tenor)
4.

-

**:**
»  Part II: Recitative: He was cut off out of the land of the living (Soprano)
5.

-

**:**
»  Part II: Air: But thou didst not leave his soul in hell (Soprano)
6.

-

**:**
»  Part II: Lift up your heads, O ye gates (Chorus)
7.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Unto which of the angels (Tenor)
8.

-

**:**
»  Part II: Let all the angels of God worship him (Chorus)
9.

-

**:**
»  Part II: Air: Thou art gone up on high (Alto)
10.

-

**:**
»  Part II: The Lord gave the word (Chorus)
11.

-

**:**
»  Part II: Air: How beautiful are the feet (Soprano)
12.

-

**:**
»  Part II: Their sound is gone out (Chorus)
13.

-

**:**
»  Part II: Air: Why do the nations so furiously rage together (Bass)
14.

-

**:**
»  Part II: Let us break their bonds asunder (Chorus)
15.

-

**:**
»  Part II: Recitative: He that dwelleth in heaven (Tenor)
16.

-

**:**
»  Part II: Air: Thou shalt break them (Tenor)
17.

-

**:**
»  Part II: Hallelujah (Chorus)
18.

-

**:**
»  Part III: Air: I know that my redeemer liveth (Soprano)
19.

-

**:**
»  Part III: Since by man came death (Chorus)
20.

-

**:**
»  Part III: Recitative: Behold, I tell you a mystery (Bass)
21.

-

**:**
»  Part III: Air: The trumpet shall sound (Bass)
22.

-

**:**
»  Part III: Recitative: Then shall be brought to pass (Alto)
23.

-

**:**
»  Part III: Duet: O death, where is thy sting (Alto, Tenor)
24.

-

**:**
»  Part III: But thanks be to God (Chorus)
25.

-

**:**
»  Part III: Air: If God be for us (Soprano)
26.

-

**:**
»  Part III: Worthy is the lamb that was slain (Chorus)
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/07/01
ヘンデルのオラトリオ中、最も人気の高い「メサイア」。聖書から歌詞をとったイエス・キリストの生涯を描く大作です。ヘンデルのオラトリオの大多数は劇場用に書かれており、どれもオペラに近いものですが、この「メサイア」だけは例外で、ヘンデルの全作品の中でも数少ない宗教的な内容を持っています。17世紀当時の英国ではオラトリオの人気は低かったのですが、ヘンデルはオラトリオにイタリア・オペラ的な華麗さを持ち込み、1718年、最初に英語のテキストを用いた「エスター」は批評家に“宗教的茶番”と酷評されたものの、ヘンデルは作品の出来栄えにひそかな自信を抱いたようです。この「メサイア」は当時慣例である、他の作曲家の作品や自身の作品からの借用や転用も多く見られますが、「ハレルヤ・コーラス」を始めとした壮麗な旋律は、現在でも合唱作品の最高傑作として讃えられています。このボルティモア交響楽団による演奏はモダン楽器を使用、序曲ではソロ・ヴァイオリンが活躍するなど至るところに工夫が凝らされています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。