ホーム > アルバム > 8.573806 ブゾーニ:ピアノ作品集 10 - J.S. バッハ、ブラームス、クラーマー、リスト、モーツァルト作品のトランスクリプション集(ハーデン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573806
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フェルッチョ・ブゾーニ Ferruccio Busoni , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , フランツ・リスト Franz Liszt
編曲者
フェルッチョ・ブゾーニ Ferruccio Busoni
アーティスト
ヴォルフ・ハーデン Wolf Harden

ブゾーニ:ピアノ作品集 10 - J.S. バッハ、ブラームス、クラーマー、リスト、モーツァルト作品のトランスクリプション集(ハーデン)

BUSONI, F.: Piano Music, Vol. 10 - Transcriptions of Works by J.S. Bach, Brahms, Cramer, Liszt and Mozart (Harden)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573806

全トラック選択/解除

フェルッチョ・ブゾーニ - Ferruccio Busoni (1866-1924)

**:**
幻想曲、アダージョとフーガ(J.S. バッハによる)

Fantasia, Adagio e Fuga (after J.S. Bach's BWV 906 and 968)

録音: 23-24 May 2017, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6207996
**:**
»  Fantasia: Allegro ritenuto
1.

-

**:**
»  Adagio
2.

-

**:**
»  Fuga: Allegro sostenuto e espressivo
3.

-

 
**:**
モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調「ジュノーム」 K. 271 - 第2楽章 アンダンティーノ
4.

Mozart - Piano Concerto No. 9 in E-Flat Major, K. 271, "Jeunehomme": II. Andantino

録音: 23-24 May 2017, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6496719
 
**:**
Klavierübung, Part IV: 8 Etudes after Cramer (1922, 1st edition)

録音: 23-24 May 2017, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6496720
**:**
»  No. 1 in C Minor
5.

-

**:**
»  No. 2 in B-Flat Major
6.

-

**:**
»  No. 3 in D Major, "En Carillon"
7.

-

**:**
»  No. 4 in D Major, "Allegro di bravura"
8.

-

**:**
»  No. 5 in C Major, "Répétition"
9.

-

**:**
»  No. 6 in A Major
10.

-

**:**
»  No. 7 in G Major, "Scherzando"
11.

-

**:**
»  No. 8 in A-Flat Major, "Finale"
12.

-

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
11のコラール前奏曲 Op. 122 (F. ブゾーニによるピアノ編)(抜粋)

11 Chorale Preludes, Op. 122 (arr. F. Busoni for piano) (excerpts)

録音: 23-24 May 2017, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6496721
**:**
»  No. 4. Herzlich tut mich erfreuen
13.

-

**:**
»  No. 5. Schmücke dich, o liebe Seele
14.

-

**:**
»  No. 8. Es ist ein Ros' entsprungen
15.

-

**:**
»  No. 9. Herzlich tut mich verlangen
16.

-

**:**
»  No. 10. Herzlich tut mich verlangen
17.

-

**:**
»  No. 11. O Welt, ich muß dich lassen
18.

-

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」 S514/R181 (F. ブゾーニによるピアノ編)
19.

Der Tanz in der Dorfschenke, S110/R427, "Mephisto Waltz No. 1" (arr. F. Busoni for piano)

録音: 23-24 May 2017, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6496722
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/01/01
イタリアに生まれ12歳でピアニストとしてデビュー、神童として活躍しながら、10代で数多くのピアノ曲を作曲したブゾーニ。しかし、彼の音楽の本質はイタリアとドイツの融合であり、この頃の自作の完成度については否定的だったといわれています。20代の彼は古典の作品を学び、わが物にするために、バッハやブラームスなど数多くの作品をピアノ曲に編曲し、コンサートでも積極的に演奏しました。なかでもバッハ作品の編曲は、対位法を学ぶために有効であり、後年のブゾーニ作品の特徴とも言える「複雑な旋律が入り組んで曲を形作る」作風もこの頃に確立されました。モーツァルト作品からはシンプルな美しさを見出し、ブラームスのコラールからは、ルター派の讃美歌を学び、クラーマーの練習曲からは「ピアノ奏法」の可能性を発見、後に書き上げた「ピアノ演奏法」の足掛かりとなりました。10代の頃に出会ったリストからは強烈な印象を受け、彼の数多くのピアノ作品の校訂を行いましたが、このアルバムに収録された「メフィスト・ワルツ」は、ピアノ版ではなく、オーケストラ版をピアノ曲へと改変したという珍しい作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。