ホーム > アルバム > 8.573812 リーム:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集 1 (楊天堝/ラインランド=プファルツ州立フィル/ミュラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573812
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヴォルフガング・リーム Wolfgang Rihm
アーティスト
楊天堝(ティアンワ・ヤン) Tianwa Yang , クリストフ=マティアス・ミュラー Christoph-Mathias Mueller , ラインランド=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団 Rheinland-Pfalz State Philharmonic Orchestra

リーム:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集 1 (楊天堝/ラインランド=プファルツ州立フィル/ミュラー)

RIHM, W.: Violin and Orchestra Music, Vol. 1 (Tianwa Yang, Rheinland-Pfalz State Philharmonic, Mueller)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573812

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・リーム - Wolfgang Rihm (1952-)

**:**
ヴァイオリンと管弦楽のための「第3の音楽」
1.

Dritte Musik, Musik für Violine und Orchester No. 3

録音: 1-5 March 2016, Philharmonie Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6790292
 
**:**
ヴァイオリンと管弦楽のための「光の強迫」
2.

Lichtzwang, Musik für Violine und Orchester No. 1

録音: 1-5 March 2016, Philharmonie Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6790293
 
**:**
画家の詩
3.

Gedicht des Malers

録音: 1-5 March 2016, Philharmonie Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6790294
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
現代ドイツを代表する作曲家ヴォルフガング・リーム。作曲年代によって作風が変化することで知られ、彼の作品目録には、抒情的な雰囲気を持つ曲から前衛的な曲まで様々な作品がひしめいています。名手ティアンワ・ヤンは、以前にもリームの「ピアノとヴァイオリンのための作品全集」(8.572730)をリリース、作曲家への深い傾倒を示していますが、今作からの「ヴァイオリンとオーケストラのための作品」では一層深化した愛情が感じられます。3曲の中では「光の強迫」が最も初期の作品で、冒頭に打ち鳴らされる打楽器の衝撃的な響きを縫って、ヴァイオリンが神秘的な旋律を紡いでいきます。ミヒャエル・ギーレンとゴットフリート・シュナイダーによって初演された「第3の音楽」はやはり打楽器が多用されたスリリングな作品。緊迫感に溢れた音楽が展開されていきます。ルノー・カピュソンに献呈された「画家の詩」は2014年の作品。こちらは抒情的な旋律に絡み合う神秘的なオーケストラの響きの美しさで知られており、21世紀に書かれたヴァイオリン協奏曲の中で最も高い人気を誇ります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。