ホーム > アルバム > 8.573821 シュレーカー:組曲「王女の誕生日」/あるドラマへの前奏曲/ロマンティック組曲(ベルリン放送響/ファレッタ)

シュレーカー:組曲「王女の誕生日」/あるドラマへの前奏曲/ロマンティック組曲(ベルリン放送響/ファレッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573821
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・シュレーカー Franz Schreker
アーティスト
ジョアン・ファレッタ JoAnn Falletta , ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin)

シュレーカー:組曲「王女の誕生日」/あるドラマへの前奏曲/ロマンティック組曲(ベルリン放送響/ファレッタ)

SCHREKER, F.: Geburtstag der Infantin Suite (Der) / Vorspiel zu einem Drama / Romantische Suite (Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin, Falletta)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573821

全トラック選択/解除

フランツ・シュレーカー - Franz Schreker (1878-1934)

**:**
あるドラマへの前奏曲
1.

Vorspiel zu einem Drama

録音: 19-23 June 2017, GroßerSendesaal des RBB, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6612162
 
**:**
組曲「王女の誕生日」

Der Geburtstag der Infantin Suite

録音: 19-23 June 2017, GroßerSendesaal des RBB, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6612163
**:**
»  I. Reigen
2.

-

**:**
»  II. Aufzug und Kampfspiel
3.

-

**:**
»  III. Die Marionetten
4.

-

**:**
»  IV. Menuett der Tänzerknaben
5.

-

**:**
»  V. Die Tänze des Zwerges
6.

-

**:**
»  VI. Mit dem Wind im Frühling
7.

-

**:**
»  VII. In blauen Sandalen über das Korn
8.

-

**:**
»  VIII. Im roten Gewand im Herbst
9.

-

**:**
»  IX. Die Rose der Infantin
10.

-

**:**
»  X. Nachklang
11.

-

 
**:**
ロマンティック組曲 Op. 14

Romantische Suite, Op. 14

録音: 19-23 June 2017, GroßerSendesaal des RBB, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6612164
**:**
»  I. Idylle
12.

-

**:**
»  II. Scherzo
13.

-

**:**
»  III. Intermezzo
14.

-

**:**
»  IV. Tanz
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
1878年生まれのシュレーカーは、ウィーン音楽院を卒業後、作曲家、指揮者として活躍。ツェムリンスキーやシェーンベルクの作品を初演しながら、自らの作品も指揮し名声を高めました。1905年に書かれた《王女様の誕生日》はもともとクンストシャウ(総合芸術展)のこけら落としのための作品で、当時としてはかなりの野心作でしたが、これが聴衆の共感を得たため、以降次々と仕事が舞い込み、彼は代表作となる《はるかなる響き》を書き上げ、リヒャルト・シュトラウスに匹敵するほどの「歌劇作曲家」として名声を確立します。しかし、1920年代になると作品の評価が分かれはじめ、1928年にエーリヒ・クライバーが指揮した《歌える悪魔》が失敗したことで、名声は失墜。その後、作品はナチスによって排斥され、失意のうちにこの世を去ってしまうこととなります。このアルバムの中心をなすのは、成功作である《王女様の誕生日》の組曲版。彼の絶頂期に編纂された色彩豊かな曲集です。また「あるドラマへの前奏曲」は後に歌劇《烙印を押された人々》に転用されました。ブルックナーを思わせる「ロマンティック組曲」も印象的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。